MFトゥインゴ号は、ルノートゥインゴ EDC キャンバストップ(車両価格◎213万5000円)だから、トップはキャンバストップだ。たまには洗車もしてあげないと、と思い立ったのだが……。

レポート日:2020年10月18日

オドメーター:3387km



TEXT&PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

MFトゥインゴ号を駐めてある月極駐車場は、近くに樹があり虫も多い。ということで、気がつくとけっこう汚れている。せっかく鮮やかなマンゴーイエローのボディ色が埃でくすんでいるのはやはり気持ちよくない。

給油のついでにガソリンスタンドで洗車してみることにした。

ということで、洗車しようと思い立った。

とはいえ、根っからの不精者にして、割と忙しいこともあって、ガソリンスタンドの機械洗車を使うことにした。でも、MFトゥインゴ号のトップはキャンバストップ。機械洗車をしてもいいものだろうか? 雨漏りしたらいやだしな。

依然、カブリオレのウェザーストリップ(ゴムの部品)を開発製造しているサプライヤーの取材をしたことがある。そこで見たのは、想像を絶するほどの豪雨が再現できる試験場でのテスト風景だった。異常気象の現在でも、まず起きないであろう豪雨のなかで雨漏りしないように開発しているのだから、カブリオレでないキャンバストップなんて、まったく問題ないだろうということで機械洗車することにした。

一応、オーナーズマニュアルを見てみた。

洗車についての注意事項は「走行直後にホイールやブレーキディスク/ディスクに水をかけないで」というだけ。

洗車機に入れる際の注意はちゃんと書いてあった。

運転席側のドアを開けると、ステッカーが貼ってあった。

「洗車機を使用する際の注意」

洗車機の機種により、ブラシが干渉し後部ナンバープレートを損傷させる場合が有ります。

損傷を防ぐ為にナンバープレートの保護措置(テープで留めるなど)を行ってください。

アンテナはこうなっていて、ねじ式で外せる。外観のアクセントになっているとも言えるけれど、シャークフィンタイプでもいいんじゃないかな。
外すとこうなる。こうして洗車機に入れる。

ということで、機械洗車OKということで、洗車機へ。その前に、ねじ式のアンテナを外す。これが面倒。狭小住宅のガレージに駐めるときも、このアンテナが引っかかる。毎回外して、出かけるときに付け直すのが面倒なのだ。

依然乗っていたシトロエンC4(初代)もプジョー306も同じタイプのアンテナだったから、サードパーティ製の角度を調整できるタイプに交換していた。トゥインゴのアンテナもショートタイプやドルフィンタイプが手に入るから、交換してみたい。



それから、トゥインゴ号のドアミラーは電動調整式だが、電動格納式ではないので、手動で折り畳んでから洗車機に入れることも忘れずに。

もちろん、キャンバストップもまったく問題なし。

きれいになったMFトゥインゴ号、やはりなかなかかわいい。

■ルノートゥインゴ EDC キャンバストップ

全長×全幅×全高:3645×1650×1545mm

ホイールベース:2490mm

車両重量:1040kg

エンジン形式:ターボチャージャー付き直列3気筒DOHC12バルブ

総排気量:897cc

最高出力:68kW(92ps)/5500rpm

最大トルク:135Nm/2500rpm

トランスミッション:6速DCT(6EDC)

サスペンション形式:Ⓕマクファーソン Ⓡド・デオン

ブレーキ 前/後:Ⓕベンチレーテッドディスク Ⓡドラム

タイヤサイズ :Ⓕ165/65R15 Ⓡ165/60R15

乗車定員:4名

WLTCモード燃費:16.8km/ℓ(市街地モード) 17.6km/ℓ(郊外モード) 19.5km/ℓ(高速道路モード)

車両価格:213万5000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 キャンバストップのMFトゥインゴ号を洗車する。ガソリンスタンドの機械洗車でいいの? <ルノー・トゥインゴ長期レポートVol.8>