• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • じゃらん
  • 楽天トラベル
  • Booking.com
yahoo

MotorFanの記事一覧

京セラ、新コンセプトカー「Moeye(モアイ)」を発表 京セラ独自のデバイスが満載!

2020.09.29 11:55

京セラ株式会社は、当社独自のデバイスを数多く搭載し、コンセプトカー第2弾となる「Moeye(モアイ)」を開発したと発表した。コンセプトカー「Moeye」について自動運転化やMaaS(Mobility as a Service「マー...続きを読む

【毎日更新・輸入車ベスト3(竹岡圭編)】第1位:ボルボV60ポールスター/第2位:ルノー・ウインド /第3位:フォルクスワーゲン・シロッコR

2020.09.29 07:30

これまでの人生において、所有したり試乗したりした輸入車のなかからベスト3を業界人に選んでいただく本企画。テレビ番組『おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR、NO LIFE!』のMCとしてもお馴染みの竹岡圭さんは、ボルボのパフォーマンスブ...続きを読む

マイナーチェンジを受けた新型「BMW5シリーズ」が日本上陸! 「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が全車標準装備

2020.09.28 22:15

9月28日、ビー・エム・ダブリューはマイナーチェンジを受けた新型「BMW5シリーズ・セダン/ツーリング」を日本で発売した。税込車両価格は678万円〜1142万円で、納車は10月からを予定している。車両のロック解除/施錠、さらにエン...続きを読む

三菱のピックアップトラック「L200」がロシアでカー・オブ・ザ・イヤー2020の栄冠に! その他主要2賞も獲得

2020.09.28 22:15

9月28日、三菱自動車は1トンピックアップトラックの「L200」が、ピックアップ部門においてロシア・カー・オブ・ザ・イヤー2020を受賞したと発表した。力強いデザイン、確かなオフロード走破性、幅広いニーズに応える高い耐久性・信頼性...続きを読む

ホンダが北京モーターショーで電動SUVのコンセプトモデル「Honda SUV e:concept」をワールドプレミア!

2020.09.28 21:15

9月26日に開幕した北京モーターショー(10月5日まで開催)でホンダは、中国で初となるホンダブランド電気自動車(EV)の将来の量産方向性を示すコンセプトモデル「Honda SUV e:concept(ホンダ エスユーブイ イーコン...続きを読む

日産自動車が北京モーターショーで新型電動クロスオーバーSUV「アリア」を発表!

2020.09.28 21:15

日産自動車は9月26日に開幕した北京モーターショーにおいて、事業構造改革「Nissan NEXT」の重要な役割を担う新型電動クロスオーバーSUVの「アリア」を発表した。中国市場では2022年までに7つの新たなモデルを投入「アリア」...続きを読む

エンジニアリング会社のAZAPA、北京モーターショーに超⼩型モビリティのコンセプトカー「AZAPA-FDS Concept」を世界初公開

2020.09.28 21:15

名古屋に本社のあるエンジニアリング会社、AZAPA 株式会社(以下AZAPA)は、9⽉26⽇(⼟)から10⽉5⽇(⽉)まで中国 北京で開催されるAuto China 2020(北京モーターショー)にAZAPA が培ってきたソリュー...続きを読む

北京モーターショーまとめ 今年の日本車メーカーは電気自動車が目玉!

2020.09.28 21:10

北京モーターショー2020が9月26日に開幕した。新型コロナウイルスの影響で、世界中のあらゆるモーターショーが中止、延期となっている中、久しぶりのモーターショーとして注目を集めている。今回は日産、ホンダ、BMW各メーカーの発表内容...続きを読む

ホンダ・モンキーのスーパーチャージャー仕様!?|プレイバック平成カスタマイズ

2020.09.28 19:00

豊富なバイク用パーツ&アイテムをリリースする「デイトナ」が、1990年代後半から2000年初頭、市販化に向けて積極的に研究・開発を行っていた伝説の4ストロークミニ、スーパーチャージャー装備のモンキー。過給機を後付けしたモンキー改の...続きを読む

【海外技術情報】アウディ:ハードウェアとソフトウェアの融合。機械システムと完全に相互接続したアウディのハイエンドコントロールユニット

2020.09.28 15:55

先月アウディが制御ユニットに関する技術情報を発表した。現行モデルを例にしつつ、機械システムと完全に相互接続する制御ユニットの概要を説明するものだ。ここでは、それを要約してお届けしよう。 TEXT:川島礼二郎(KAWASHIMA R...続きを読む

ページトップ