64&74ジムニーをラグジュアリーにキメる

インテリアカスタマイズのマストアイテム、ROWENから登場!

国産コンパクトカーから輸入スーパースポーツまで、広い守備範囲でアイテムを展開するロェン。車種のみならず、パーツのジャンルも内外装用品はもちろん、ランプ類、機能パーツまでと、品ぞろえはバラエティに富んでいる。そんなロェンが、大人気のジムニー向け新アイテムを発表した。

スエード生地に加えキャッチーな配色と、質感、スタイリングともに存在感抜群のシートカバーがデビューした。

ジムニー用新アイテムとはシートカバー。12月21日に発表されたのだが、同ブランドのシートカバーは、10月にハイエース用をリリースしたのに続いてのラインアップ追加となる。気になる車種対応は、74ジムニーシエラ、64ジムニー双方OKだ。デザインを見ていこう。背面中央にスエード、側面にPVCレザーを用いた贅沢な一品で、ツートンカラー仕様のスマートなルックスが印象的だ。ラグジュアリーテイストをプラスしたいオーナーに特に最適かも!?
カラーバリエはホワイト×ブラック、レッド×ブラック。そしてユニークなのが3タイプ目、オールPUレザー仕様だ。ヴィンテージキャメル×ブラックの色合いで、ランドローバー・ディフェンダーのシートをオマージュにした仕様なのだ。クラシカルなテイストを望むオーナーは、断然コチラを選ぶべき!?

ラインアップは3種類。ホワイト×ブラック、レッド×ブラック、ヴィンテージキャメル×ブラックが揃う。素材は、スエード&PVCレザー(ホワイト、レッドのツートン仕様)、PUレザーと、仕様により異なる。
こちらがレッド×ブラック。
ヴィンテージキャメル×ブラック。PUレザー仕様だ。
シートバックには筆記体のブランドロゴが入る。ホワイト仕様にはホワイトの、レッド仕様にはレッドの文字が入る。一方、ヴィンテージキャメル仕様にはロゴは入らない模様。

もちろんシートカバーだけでなく、ロェンらしいボディパーツも多数展開(74ジムニーシエラ。64ジムニーは“COMING SOON”)。AMG G63等高級SUVを彷彿させるスタイルを……といった方向性を採らず、同社の誇るシリーズ『JAPAN PREMIUM』らしいプレミアム感溢れるシルエットを創出。オリジナリティを追求したのが特徴だ。魅せることを目的としたインパクトの大きい造形、両ダクト周囲の複雑な造形は、ロェンらしさ全開。威圧感すら感じさせるフェンダー等々、“小さな巨人”と呼ぶにふさわしい1台に仕上がっている。そこに、内装を数段レベルアップさせられるシートカバーが加わったのだ! このシートカバー、トータルでのカスタマイズを検討しているオーナーにとって、待ちに待った一品だったかもしれない。


大きな開口部に細い縦バーを配したグリル、複雑な造形を与えたヘッドライトまわり、そしてデイライトを巧みにレイアウトしたバンパー等々、ロェンらしさはそこかしこに存在する。
74ジムニーシエラ専用の『プレミアム01S』マフラーは旬日発売予定だ。

問:ロェン事業部 0565-52-8555
http://www.rowen.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「クラシカルなテイストも、スポーティなテイストも! ロェン発シートカバー〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉|ROWEN|内装 カスタム