SUBARUが提案する新時代
新型レヴォーグでその最新技術を体感しよう

スバルスタイルVOL.7 9月30日(水)発売
NEWレヴォーグ巻頭特集を見逃すな

スバル SUBARU レヴォーグ 新型 解説 インプレ スバルスタイル


9月30日(水)発売のスバルスタイルVOL.7の巻頭特集は、いま話題の「新型レヴォーグ」だ。継承と超・革新をかかげ、第二世代へと生まれ変わるレヴォーグを徹底検証。標準装備の充実、先進安全性能、運動性能などを細かくチェック。新生SUBARUを具現化した新型レヴォーグの凄さを20ページ超えで大特集だ。

●ひと目でわかる「グレード別」装備の違い

今回のレヴォーグはグレード体系がエントリーモデルの「GT」、高級装備の「GT-H」そして電サスなどを標準化した「STI Sport」という3グレード体制。そこに次世代安全装備「アイサイトX」を標準化した「EX」が設定される。その標準装備の違いをわかりやすくまとめてみた

●次世代メカニズム大解剖
CB18型エンジン/SGP+インナーフレーム/リニアトロニック/2ピニオン式電動パワステetc


コアなSUBARUファンが気になるメカニズムも詳しく解説中。新開発の1.8L水平対向エンジン。ひと足先にインプレッサにも採用され好評のSGP(スバル・グローバル・プラットホーム)の進化版、+インナーフレーム。その他ミッション、パワステなど、具体的にどう進化しているのか?

●フラッグシップ「STI SPort」の凄さ

新型発表と同時に「STI Sport」がカタログラインアップ設定。最初からSTIが選べるのはうれしい。しかもハイエンドグレードとしての充実装備、そしてSTIだけの運動性能を持つ。「どこが凄いのか?」を要チェック。

●SUBARU初★電子制御ダンパー
STI Sportグレードに標準装備された電サスは、「キャラ変」という乗り味を変えられる機能。ボタンひとつでラグジュアリーな高級サルーン的な乗り心地から、サーキットも走れてしまうようなスポーティ走行まで変更可能。それぞれのドライブモードの特徴を詳しく解説。

●高級サルーンを味わえる「GT-H」グレード
STI Sportの専用装備も魅力だけど、それほどハードに走らないなんて人はこの「GT-H」グレードがおすすめ。ベースグレードGTに上級装備が標準化されたグレードで、高級セダンのような乗り心地を実現可能。3グレード内で唯一純正黒本革(オプション)を選べる1台だ。

●納車と同時に狙いたい「SUBARU純正アクセサリー」
発表と同時に純正オプションエアロが3タイプ設定されている。しかもどれも比較的攻めた、個性的なデザインで、しっかりと変わった感を実現可能だ。

●エントリーモデル「GT」グレードで編集部が勝手に妄想カスタム!
実は一番、コストパフォーマンスが高いとされているエントリーグレードの「GT」。普通なら上級グレードにしか付かない快適装備もちゃんと付いているし、インテリアの質感も十分高い。もちろん車両価格も安いのでカスタムのベース車にピッタリ。ここでは編集部が勝手に妄想でカスタムメニューを考えて総予算などをチェック。これからのカスタムの参考にぜひ!

「スバルスタイルVOL.7」ではこの新型レヴォーグ特集だけでなく、モータースポーツやチューニング、LEDメイク、そしてユーザーカーの紹介など大ボリュームでお届け中。コロナ禍でいろいろと大変な時期だけど、スバスタを読んでテンション上げて、SUBARU車ライフを楽しんで行こう!

SUBARU STYLE VOL.7
スバルスタイルVOL.7
9月30日(水)発売

お求めは全国の書店やWebから。
https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11562

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_天野智也]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【巻頭特集は新型レヴォーグ!】素性は? 安全装備は? 走りは? カスタムの可能性は? スバル専門誌「スバルスタイル」9月30日発売!