みなさんこんにちは。今回のドイツ現地レポは、「ズバリ、カンパニーカーとはなにか?」をテーマにお届けします。カンパニーカーは直訳すると「社有車」となり、ドイツではFirmenwagen(フィルメンヴァーゲン)もしくはDienstwagen(ディーンストヴァーゲン)と呼ばれています。



日本においても社有車は存在しますが、ドイツにおいては存在意義や利用法、社有車が与えられる人まで、日本とは多くの違いがあります。ドイツの都市部では一般的な存在で、かつドイツの自動車メーカーにとっても大きな販路のひとつにもなっているカンパニーカー。今回の記事では、その概要を紹介していきます。

■ドイツにおけるカンパニーカーとは




最初に、ドイツにおけるカンパニーカ...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事