2020年10月のとある日…。
北関東のさわやかな草原で、これぞ“ボルボ”と思える往年の“カクカク”デザインなボルボ940を取材してまいりました。
筆者の幼少期、ボルボと言えばまさにこの四角いスタイリングで、当時は特にレッドが一世を風靡していた時代、「うちの親も乗ってくれないかなぁ…」と思ったほど。
今回の1997年式ボルボ940エステートは、総走行距離はなんと46万7千kmを超えたところ!!
そしてビックリ、オーナーの生方紀広さんは21才という若さなのです!
生方さんがどのような経緯でボルボ940を所有することになったのか…それではお話をお伺いしてみましょう。



■赤ちゃんの頃から一緒だったボルボ940 


ボルボ940生産末期に限定モデルとして登場したボルボ940エステートクラシック。
生方さんの個体は、“ダークグリーンパール”と称された上品なカラーを纏っています。
1999年生まれの生方さんより2才年上となるわけですが、中古車...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事