2021/2/17
株式会社電通グループ

電通グループ、アジア太平洋広告祭「ADFEST 2020」において 4年連続の「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー」をはじめ、多数の賞を受賞


 アジア太平洋広告祭「ADFEST 2020」(アドフェスト2020)※1の授賞式が2月15日にオンライン※2で開催され、当社グループは計39個の賞を受賞しました。個数の内訳は、部門最高賞のグランデ3、ゴールド10、シルバー10、ブロンズ14、イノーバ・ロータス1、ロータス・ルーツ1です。

 その結果、当社グループは最もクリエイティビティーの高い広告会社ネットワークに贈られるNetwork of the Year(ネットワーク・オブ・ザ・イヤー賞)を、4年連続で受賞しました。

 また、 (株)電通は、最も受賞数の多い単独の広告会社に贈られるAgency of the Year(エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞)※3(今回で8回目)に加え、デジタルやモバイルの部門で最も多くの受賞件数を獲得した広告会社に贈られるDigital Agency of the Year(デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞)を同時受賞しました。

 

              【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102171143-O3-Q3o3itmL

 

 各部門における当社グループの受賞状況は以下のとおりです(数字は受賞数)。

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105945/202102171143/_prw_PT1fl_6qun6gMh.png

 

※1:アジア太平洋広告祭(Asia Pacific Advertising Festival)、通称ADFESTは、1998年に創設され、ア  

   ジア太平洋地域を代表する広告賞の一つです。オーディオ、ブランド・エクスペリエンス、ブラン

   デッド・エンターテインメント、デザイン、デジタル・クラフト、デジタル、ダイレクト、eコマー

   ス、エフェクティブ、フィルム・クラフト、フィルム、イノーバ、ロータス・ルーツ、メディア、モ

   バイル、ニューディレクター、アウトドア、PR、プレス、プリント&アウトドア・クラフトの部門

   に分けて審査が行われ各賞が決定します。

※2:ADFEST 2020は2020年3月にタイ・パタヤで開催予定でしたが、コロナ禍の影響で延期され、授賞

   式のみがオンラインで行われました。

※3:Network of the Year賞に貢献した拠点は、東京、北京、メルボルン、バンコク、ムンバイに展開す

   るdentsuブランドのグループ会社:Dentsu Inc.(東京)、Dentsu Creative X(東京)、Beijing

   Dentsu Advertising(北京、現dentsumcgaryybowen中国)、BWM Dentsu(メルボルン)、

   Dentsu One (バンコク)、Dentsu Webchutney(ムンバイ)、Taproot Dentsu(ムンバイ)

※4:「イノーバ」は、マーケティング業界に大きなインパクトを与えたイノベーティブなアイデアやテク

   ノロジー、デザイン、アプリケーションなどに贈られる賞です。

※5:「ロータス・ルーツ」は、ADFESTを代表する特徴のある賞で、文化や遺産、宗教、信条、伝統、言

   語、遺産など、地域や国の持つ価値に焦点が当てられ、それが広告作品として優れているものに贈ら

   れる賞です。

 

                                             以 上

 

 

 

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「電通グループ、アジア太平洋広告祭「ADFEST 2020」にて「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー」など複数受賞