公益財団法人東京都中小企業振興公社による「東京手仕事」プロジェクトの一環として、東京の伝統工芸の魅力を再発見する展示販売会「東京手仕事展2021」を令和3年2月19日 (金)〜3月7日(日)まで期間限定でGINZA SIX 5階 マークスタイル トーキョー内催事スペースにて開催。江戸職人の「粋」で「いなせ」な味わい、新しい生活様式にもフィットする優れた機能性・日常性を広く発信し、より潤いある豊かなライフスタイルのヒントを提案する。

「東京手仕事」プロジェクトとは伝統の技に光を当て、匠の繊細な「手仕事」の魅力を国内はもとより世界に発信していく取り組み。近年、伝統工芸品はコンテンツやファッションなどと共に日本の文化を背景とした産業として世界から評価を受けており、国内でも価値が見直されつつある。中でも東京の伝統工芸品は、進取の精神に富む江戸職人の匠の技と心意気によって、磨かれ、洗練され、様々な人に愛されてきた。東京都及び東京都中小企業振興公社では、現代の消費者が求める伝統工芸品の新商品を創り出すと共に国内外に新たな市場を切り開くことを目指す。2015年度から伝統工芸品の新しい商品開発や国内外に向けた普及を促進する取組「東京手仕事」プロジェクトを進めており、今年で7年目を迎える。

「東京手仕事展2021」では職人とデザイナーが共同で開発した渾身の商品を10品展示。職人がデザイナーとマッチングを行い、様々な分野の専門家からアドバイスを受け、半年間の試行錯誤を繰り返し商品化。これだけの英知と技術から生まれた商品は見ているだけでワクワクする。期間中の休日には革のカードケースや組紐ブレスレット作りなど実際に職人を招いてのワークショップを実施する予定。直接体験することで、より「手仕事」の魅力を体感できるだろう。

ぜひこの機会に一生モノの逸品を探してみてはいかがだろうか。

〈東京手仕事展2021〉
https://tokyoteshigoto.tokyo/news/20210126/

情報提供元:舌肥
記事名:「職人とデザイナーによる渾身の10商品が勢揃い!「東京手仕事展2021」開催