白菜 ラーパーツァイ おつまみレシピ ビール

オシャレなビール女子に教えたい!毎年『白菜』が美味しい季節になると食べたくなるのがこの『ラーパーツァイ』漢字で書くと『辣白菜』。シャクッとした歯ざわりと甘酸っぱいタレ、辛味があいまってあとひく美味しさのおつまみです。ホワイト系のビールに合いますが酸っぱいサワーエールやヴェルリーナヴァイセとも好相性ですよ♪

材料

白菜
400g(大きめの葉3枚)
ショウガ
1片
赤唐辛子
1本
花椒(ホール)
小さじ1/2
小さじ1
1/2カップ
砂糖
大さじ5
小さじ1/2
ゴマ油
大さじ2

作り方

Step1

ゴマ油以外の甘酢タレの材料をボウルに入れてよく混ぜる。ショウガはせん切りにする。赤唐辛子は種を取り輪切りにする。

Step2

白菜は軸と葉に分け、5cm長さの幅に切り繊維にそって細切りにする。バットに並べてまんべんなく塩をふる。同じ大きさのバットを重ねてペットボトルなどの重石をし、水が上がってくるまで半日〜1日塩漬けする。

Step3

Step2の白菜の水を絞って耐熱容器などに入れ、花椒と赤唐辛子、ショウガをちらし甘酢をまわしかける。小さなフライパンなどにゴマ油を入れて煙が出るまで熱し、上からジュッとまわしかける。馴染んだら食べられるが1日置いてからが食べごろ。

Point

※簡易的にボウルで塩もみをしてもいいのですが白菜独特のシャクッとした歯ざわりにはならなく漬物のようになってしまう為、Step2の重石をする方法がおすすめです。また、芯と葉を別にして漬けると食感の違いも感じられ、盛り付けも映えますね。

情報提供元:ビール女子
記事名:「白菜の中華甘酢漬け〜ラーパーツァイ