2019年のVR業界最大の話題といえばOculusQuestのリリースです。

VR専用機器としては異例のビッグヒットとなったOculusQuestですが、その後継機開発の噂がVR業界で囁かれるようになっています。

これまで明らかになっているFacebookの新VRヘッドセット開発情報を整理しました。


2020年のOculus新デバイス情報

これまでのOculusQuest 2とされるFacebookの新デバイスの情報を時系列順に見ていきましょう。

3月:Facebook開発者リストに新デバイス「Del Mar」が登場

3月:Facebook開発者リストに新デバイス「Del Mar」が登場

画像:Upload VR

まず3月、Facebookが公開している開発者向けドキュメントWebサイトに開発者向けの「First Access」プログラムを備えた「Del Mar」という新しいデバイスが登場しました。

さらに、モバイルSDKドキュメントには、新しいコントローラータイプ「Oculus Del MarのOculus Jediコントローラー」も表示されています。

そのため、Facebookがスタンドアロン型ヘッドセットを開発中であるという情報がVR業界を駆け巡ることとなりました。

4月:「Jedi」コントローラードライバファイルが見つかる

4月:「Jedi」コントローラードライバファイルが見つかる

画像:Upload VR

翌4月、VR/ARの開発を手がけるGerald McAlister氏はコンシューマー向けQuestのファームウェア内に「Jedi」コントローラのドライバファイルを発見しました。

この情報をもとにテック系メディアUpload VRはドライバを分析し、

・60Hz LEDパルスモード(現在の30Hzから増加)

・ノイズの少ない新しいIMU(加速度計とジャイロスコープ)

・触覚スレッド、触覚の改善の可能性を示唆

・「Rainier」というコードネームのアナログ指位置センサー

という点で現行のコントローラーから変更が見られるとしています。

ただし、これらが実際に製品に搭載されるかは不明であるとのことです。

5月:新OculusQuestに関するブルームバーグ報道

5月にはブルームバーグがFacebookが新しいOculusQuestの開発に当たっていることが報じられました。

報じられている内容では、

・「少なくとも90Hz」のリフレッシュレート

・現在のクエストより10%〜15%小さい

・約20%軽量

・「側面から生地を取り除き、より多くのプラスチックで置き換える」

・「ストラップに使用されている素材を、現在使用されているゴムやベルクロよりも伸縮性のあるものに変更する」

・「より快適で既存のコントローラーの問題を修正する再設計されたコントローラー」

といった改良が加わるとされています。

7月:商品画像がリーク

7月:商品画像がリーク

画像:Upload VR

決定的と言えるのが、7月にTwitterにリークされたヘッドセットの画像です。

マーケティング用と思われる画像では、

・白い本体とコントローラー

・OculusGoに近い形状のストラップ

・広くなったカメラ位置

・3段階のIPD調整機構

などが確認できるようになっています。

また、このリークを行なったアカウントWalkingCatは、公式発表の1週間前にHP Reverb G2の画像をツイートした実績があることから、一定程度の信憑性があると思われます。

さらには、日経新聞も「Facebookの新型VRヘッドセットが7月の末ごろには量産体制に入る」と報じていて、ますますOculusQuest 2の発表が近いのではないかと噂されるようになりました。



スペックなどに関するより詳細な情報は?

現在報じられている、Facebookの新しいVRヘッドセットのスペックなどに関する情報をご紹介します。

解像度はどれくらいなのか?

解像度はどれくらいなのか?

画像:Upload VR

新デバイスの解像度に関する情報はいまだに明らかにはなっていません。

フレッシュレートについてブルームバーグが「90Hzになる」と報道しています。

そのため、現行のQuestが72Hz、Rift Sが80Hzであることから、全く新しいディスプレイを開発しているのではと指摘する声もあるようです。

チップセットはどうなるのか?

90Hzのリフレッシュレートを実現するためには、OculusQuestのSnapdragon 835よりもパワーのあるチップセットを使う必要があります。

興味深いのはQualcommの最新チップセットSnapdragon XR2に関して、Facebookの担当者が「非常に興奮している」と語っていることです。

とはいえ、Snapdragon XR2を使っている別のヘッドセット(Lynx-R1)が高額であることから、Questの販売戦略と合わない可能性があります。

そのため、あえて2018年・2019年モデルのSnapdragon 845やSnapdragon 855などが使われるのではないかと予想する声もあるようです。

リリースはいつなのか?

残念ながらFacebookの新型ヘッドセットのリリースがいつになるのかは明らかではありません。

WalkingCatがリークした製品画像には「9月15日」というキャプションがつけられていたとされていますが、この日付がリリース日を意味するかは不明です。

また、ブルームバーグの報道によれば、Facebookは開催を予定していたOculus Connect 7において新デバイスの発表を行う予定だったものの、パンデミックの影響で大きくずれ込んでいるとも報じられています。

いずれにしても、新型ヘッドセットの発表・発売は、パンデミックがある程度収束してからということになりそうです。

まとめ

Facebookの新型デバイスの情報はここ数ヶ月で大量に流れています。

そのため、それがOculusQuest2であるかどうかは別として、新デバイスの開発が行われていて何らかの発表が近いのは間違いなさそうです。

とはいえ、FacebookがVRでの最大のヒットであるOculusQuestを1年ちょっとで過去のものとするのは考えにくいともいえます。

Questのより洗練されたバージョンではあるものの、基本的な形はQuestと変わることがないことから、完全に新規のVRヘッドセットではないはずです。

Facebookは現時点では何の声明も発表していないため推測ことしかできませんが、発表前の期待がどんどん高まっていく高揚感のようなものがありますね。

参考:Oculus Quest 2? Everything We Know About Facebook’s Next VR Headset[Upload VR]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「OculusQuest 2?Facebookが開発中のヘッドセットに関する情報まとめ