排水口というものはよく詰まるもので、結局掃除をしてもまたいつか、ゴミが溜まっていくという問題を抱えております。掃除をしなくても良い排水管を作れば、ノーベル賞モノではありますが、果たして今後人間の進化で、排水口問題をクリアできるのでしょうか。ということでこちらの案件をご覧ください。

18ヶ月間溜め込んだ排水溝を開けてみた

さて今回は、18ヶ月間、シャワーが詰まってしまい、なんとかして水の流れを良くしたかったのだが、排水溝を開ける勇気がなく、放置していた問題。

中から何が出てくるのかわからないという恐怖は、理解できるものであり、開けるのをためらう。従って怖いもの見たさとか言うそういうレベルではなく、開けたくないものであります。

そんななか、こちらのオーストラリアの女性は、それを勇気を振り絞り開けてみたということです。その様子はFacebookグループに投稿され、多くの衝撃を与えている模様。

ということで出てきたブツがこちら。

なんと、大量のヘアー。

しかもものすごい塊となっております。あまりに衝撃的なもので、閲覧注意案件ではあるので、どうしても見たい方は上記ツイートをクリックしてその先に潜む黒いブツを御覧ください。

なぁに、そんなもので驚かなくても大丈夫、皆様の家庭の排水溝も、同じようなブツが詰まっているのかもしれない。

こちらの黒魔術でも衝撃的な物体が出てきたと話題ですが

この休み期間中に、排水溝をちょっとだけ開けてみる・・・なんていう勇気を振り絞ってみてはいかがだろうか。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「18ヶ月間、詰まったシャワー排水管を掃除した結果、衝撃的なモノ出現