はじめに

今年は春休みやゴールデンウィークにいちご狩りができなかったという人に朗報です。六甲山カンツリーハウスでは、「六甲山の体験農園」として2020年7月23日からいちごの摘み取り体験と、じゃがいも堀り体験が実施されています。珍しい夏のいちご狩りができるチャンスなので、ぜひチェックしてみてくださいね。 六甲山の体験農園

六甲山の体験農園

六甲山の自然とレジャーが楽しめる「六甲山カンツリーハウス」では、2020年7月23日(木)から9月13日(日)まで、いちご摘みやじゃがいも堀りができる「六甲山の体験農園」がオープンしています! 特に今年はいちご狩りのシーズンに出かけられなかったり、今まで外のレジャーができなかったという人も多いのではないでしょうか。気軽に自然を楽しみたい人におすすめです! 贅沢な夏のいちご狩り

贅沢な夏のいちご狩り

「六甲山の体験農園」で注目すべきは、この季節にいちご狩りができる「夏イチゴの摘み取り体験」です! 六甲山ならではの冷涼な気候で作られる、関西では珍しい夏いちごの「すずあかね」を摘み取り、その場で食べることができます。

「すずあかね」は夏いちごの中でも大きめで、爽やかな甘みがある品種です。いちごを栽培している様子が見られるので、子どもの夏休みの自由研究などにもぴったりです。

◆夏イチゴの摘み取り体験
会期:7月23日(木)~9月13日(日)(予定) ※火・水を除く
時間:10:00~12:30、13:30~16:00 当日の摘み取り分が無くなり次第終了
料金:ライトプラン 500円/人(6粒)
   スタンダードプラン 1,000円/人(14粒)
   デラックスプラン 1,500円/人(22粒)
   ※六甲山カンツリーハウス入園料は別途 じゃがいも掘り体験もおすすめ!

じゃがいも掘り体験もおすすめ!

「六甲山の体験農園」では、じゃがいも掘りの体験もできます。自分の手を使って土に触り、大地の恵みを直接感じることのできるじゃがいも掘りは、大人も童心に帰れる楽しさがあります。また、野菜が苦手な子供でも、肌で野菜や土に触れることによって苦手意識がなくなる場合もあるのでおすすめです。

じゃがいも掘り体験に参加した人は夏野菜の収穫も先着順でできるので、ぜひ早めに行ってみてください。


◆夏のじゃがいも掘り体験
会期:7月23日(木・祝)~9月13日(日)(予定)
時間:10:00~12:30、13:30~16:00
   ※当日の体験分が無くなり次第終了
料金:1株500円 
   ※六甲山カンツリーハウス入園料は別途

六甲山カンツリーハウスってどんな施設?

「六甲山カンツリーハウス」は、六甲山の山頂にある広大な敷地のレジャー施設です。自然を楽しめるのが特徴で、ペダルボート池やバーベキュー場、パターゴルフやゴーカート、本格アスレチックや、トランポリンなどのほか、謎解きゲームや、芝生広場でのんびり休んだり、犬を連れて花を見ながら散歩をすることもできます。神戸の市街地からも近いのでアクセスも良く、テイクアウトの軽食もあるので1日中遊べます。


◆六甲山カンツリーハウス
住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
電話番号:078-891-0366
営業期間:~11月23日(月)(予定)
営業時間:10:00~17:00
休園日:木曜日(祝日・7月23日(木・祝)~8月27日(木)・10月1日(木)~11月19日(木)は営業)
料金:大人700円 4歳~小学生350円

おわりに

今からいちご狩りが楽しめる六甲山カンツリーハウスの「六甲山体験農園」をご紹介しました。自然の中でのびのびと遊べるので、リフレッシュするのにぴったりの場所となっています。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「【兵庫】夏にいちご狩り? 六甲山カンツリーハウスで体験農園