まるも亜希子さんは、予算300万円までならスズキ・ジムニーシエラ、予算600万円までならシトロエンC5エアクロスSUV、そして予選無制限ならランボルギーニ・ウルスをおすすめSUVとしてセレクト。特にC5エアクロスSUVは、不思議な乗り味に病みつきになったそうだ。



TEXT●まるも亜希子(MARUMO Akiko)

予算300万円までなら「スズキ・ジムニーシエラ」

スズキ・ジムニーシエラ(179万3000円〜)

実は新型が出た時に、真剣に購入を検討したのがジムニーシエラ。



20代のころは、仕事で体験したことがきっかけでオフロード走行にハマり、プライベートでも伊豆モビリティパークのオフロードコースを楽しんでいた時期があったんです。で、2018年の新型ジムニーの試乗会が奇しくも、超久々に訪れたモビリティパーク。何もかも新しくなったジムニーで走ってみたら、やっぱり楽しくて、「寝た子を起こす」とはまさにこのコト。ジムニーがあったら、これから子供を連れてアウトドアに行く機会も増えるかもと、一気にワクワクしてしまいました。



ただ、私がすごくいいなと思ったのは、文句なしの走破性だけでなく、先代より全幅を50mm短く、全幅を45mm広げたことや、新設計の梯子型に組んだラダーフレームに前後のクロスメンバーが加わったことなどもあって、オンロードでの安定感や快適性がグンと高まりつつ、市街地での取り回しのよさも維持していること。ジムニーだと市街地での快適性はちょっとガマンしなければならないけど、ジムニーシエラは今の私には理想的な1台だなと思えたのでした。



まぁ、皆さんもご存知の通り、納期が1年半以上も先ということで断念したんですが、今でも欲しいSUVです。

スズキ・ジムニーシエラ

予算600万円までなら「シトロエンC5エアクロスSUV」

シトロエンC5エアクロスSUV(415万円〜)

2019年に100周年を迎えたシトロエンには、シルクハットを被ったままでも乗れるようにと、ユニークなシルエットに生まれた2CVや、オイルを用いた独創的な「ハイドロニューマチック・サスペンション」など、一風変わったアイディアや手法がたくさんあります。だからC5エアクロスSUVに初めて試乗するときも、「場外ホームランか、大振りの三振か、さぁどっちだ!?」なんてドキドキした乗ったわけです。



それがどうでしょう、ものの数十メートル走っただけなのに、すでに気持ちのいい走りに感動。路面への当たりがフカっとしていながら、ガッシリと踏ん張っている安定感があるという、なんとも言えず不思議な乗り味がクセになってくるのです。まるでステアリングとタイヤがじかにつながっているかのように、誤差なく思い通りに動く感覚も心地よく、ずっと走っていたい素晴らしさでした。



そんな素晴らしさを実現させるため、隠れた目玉といえるシステムが、かつて魔法の絨毯のような乗り心地と絶賛されたハイドロニューマチック・サスペンションを現代的解釈して開発された、PHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)。これは15年前のパリ=ダカールラリーで優勝した、ZXラリーレイドに搭載されて以来、WRCに転向してからもシトロエンのラリーカーを支えてきた技術。



悪路を安全に速く走るためのノウハウが積まれてきた技術を、ノーマルカーで一般道を快適に走るために応用したのがPHCということになるんですね。

そんなわけで、しっかりシトロエンらしさが受け継げれているC5エアクロスSUV。



シトロエン中毒の人にも、そうでない人にも勧められるSUVです。

シトロエンC5エアクロスSUV

予算が無制限なら「ランボルギーニ・ウルス」

ランボルギーニ・ウルス(3068万1070円)

個人的にはSUVには速さを求めていないし、価格的にも手が届かないんですが、ひとりのクルマ好きとして、「これは新しいカタチのスーパースポーツカーだ」と感動したのがウルスでした。



パワートレーンは4.0リットルV8ツインターボ+8速ATで、最大出力650hp、最大トルク850Nm。アクティブトルクベクタリングと4輪操舵による4WDで、スイッチひとつで変えられる5つの走行モードも設定されているんです。



真っ赤なカバーをめくると現れるスタートボタンをワクワクしながら押すと、野太い雄叫びとともに新型のアルミニウム製エンジンがお目覚め。でも荒々しい走りを想像していた私はその後、盛大にギャップ萌えすることに!



というのも、オフロード走行を想定して低回転で高トルクを発生させるため、ランボルギーニ初のターボとなったウルスは、意表をつくほどに丁寧で紳士的な加速フィール。しっかりと路面を捉えるフラットな安定感や、ほどよいインフォメーションを伝えるステアリングフィールなど、さすがスーパーカー譲りと感心できるところもあって、走るのがどんどん楽しくなってくるんです。



さらに室内も、オプションで選択できる4座タイプは、まるで飛行機のプレミアムシートのように、全席が電動調整式でたっぷりとした贅沢なスペース。先進の運転支援システムも装備され、同乗者にもドライバーにも優しい一面があって、なんだか「気は優しくて力持ち、おまけに強面」なところに強烈に惹かれちゃったのでした。



日本の道にはちょっと大きめの全長5mオーバーですが、財力のあるみなさまは、ぜひトライして欲しいと思います。

ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニ・ウルス

『予算別おすすめSUV・3選』は毎日更新です!



ますます人気が盛り上がっているカテゴリー、SUV。自動車メーカーも開発に力を入れており、ラインアップが充実しているのはうれしいのだが、どれを選べばいいのか迷ってしまいがち。



そんな迷えるSUVオーナー予備軍のために、「予算300万円まで」「予算600万円まで」「予算無制限」といった具合に予算別のベストSUVを紹介。毎日、自動車評論家・業界関係者に3台選んでいただくので、明日の更新もお楽しみに。



※今回の企画では、最も安いグレードの価格が300万円以下のSUVは「予算300万円まで」、同じく最廉価グレードが600万円以下なら「予算600万円まで」に分類しています。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【予算別おすすめSUV・3選】シトロエンC5エアクロスSUVは、場外ホームラン級の気持ちよさ!|まるも亜希子