寒い冬を快適に過ごしたいのなら、冬仕様のボトムスを用意しましょう。ボトムスといってもいろいろな種類がありますが、今回は冬に大活躍する定番ボトムスを男女別にご紹介します。通年向けボトムスとの違いについても解説していますので、冬向けボトムスを買おうかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。


【男性編】冬に大活躍する定番ボトムス3選

まずは、男性におすすめの冬向け定番ボトムスを3つご紹介します。
■1. ウールスラックス
熱伝導率が低いウールは、体温を逃しにくく、暖かい空気を長時間キープできるところが特徴です。一方で吸湿性も高く、蒸れやベタつきに悩まされにくいので、一日中快適に履いていられるでしょう。シルエットがスマートなスラックスは、ボリュームのあるニットとの相性も良く、一枚は持っておきたい定番アイテムのひとつです。
■2. コーデュロイパンツ
縦に入った畝(うね)が特徴的なコーデュロイパンツは、秋~冬にかけて人気が集まる定番ボトムスです。とくに太畝タイプのコーデュロイパンツは、畝と畝の間に温かい空気を溜め込みやすいため、下半身の冷え防止に役立ちます。畝のあるデザインはボリュームもあり、シンプルな着こなしでも存在感を醸し出せるところが魅力です。
■3. フランネルパンツ
フランネルとは、ウールやコットンなど柔らかい繊維で作られた素材のことです。肌触りが良く、保温性も高いため、ボトムスだけでなく、冬用のシャツやパジャマなどにも多用されています。また、柔軟性や弾力性にも優れており、膝を曲げ伸ばししやすく、シワにもなりにくいところが特徴です。見た目は厚手ですが着心地は軽く、アクティブに動きたいときにも適したボトムスです。


【女性編】冬に大活躍する定番ボトムス3選

続いて、女性におすすめの冬用定番ボトムスを3つご紹介します。
■1. 裏起毛スキニーパンツ
スキニーパンツは季節問わず使えるアイテムですが、裏起毛タイプはとても暖かく、冷えやすい下半身を効率よく温めてくれます。足にフィットするスキニーパンツはシルエットも美しく、ボリュームのあるアウターやトップスを着ても、スマートに見せることができます。着こなし方によって、きれいめにもカジュアルにも見せられるスキニーパンツは、ぜひ一着持っておきたいアイテムです。
■2. ロング丈のチェックスカート
足元の冷えが気になる冬はスカートを敬遠しがちですが、足首まで丈のあるロングスカートなら、防寒対策もばっちりです。なかでもチェックスカートは、重めになりがちな冬のコーディネートにアクセントをつけられる着回し力抜群のアイテムです。定番のニットはもちろん、パーカーやスウェットとの相性も良く、その日のファッションテイストに合わせて便利に着回せます。
■3. コーデュロイのワイドパンツ
男性編でもおすすめしたコーデュロイパンツは、女性にも人気の冬向けボトムスです。なかでもコーデュロイのワイドパンツは、いろいろな形のニットやジャケット、コートとマッチするので、一本持っておくと便利でしょう。初めてコーデュロイパンツを購入するのなら、定番カラーで他の色との相性もいいベージュやブラウン、ホワイトを選ぶのがおすすめです。


オールシーズン向けボトムスと冬向けボトムスの違い

デニムやスキニーパンツ、ロング丈のスカートなどは、季節を問わず着用されています。ただ、一見同じように見えるデニムやスキニーパンツでも、冬向けのボトムスは保温性を重視して作られています。
代表的な例が裏起毛デニムや裏起毛スキニーパンツです。見た目はオールシーズン向けとほぼ変わりませんが、裏地の繊維を起こしているぶん、より暖かく、肌触りも良くなっています。
一方、オールシーズン向けのボトムスは冬用に比べると保温性は低いものの、通気性に優れていて、蒸れやベタつきを感じにくいところが特徴です。
また、冬用のロングスカートは、生地が厚めで風を通しにくいものが多く、気温が低い日でも足元の冷えをカバーできます。逆にオールシーズン向けのロングスカートは生地の厚みが少なく、とくにプリーツスカートやフレアスカートは裾がひらひらと動きやすい仕様になっています。
寒さが本格的になる前ならオールシーズン向けボトムスでも十分ですが、気温が低くなってきたら、より保温性の高い冬用ボトムスに履き替えた方がよいでしょう。


寒い季節はあったか冬用ボトムスを活用しよう

冬用ボトムスはオールシーズン向けボトムスに比べると保温性が高く、下半身をしっかり温めてくれる便利なアイテムです。下半身の冷えが気になったら、あったか冬用ボトムスの着用をおすすめします。
天気予報専門メディア「tenki.jp」では、その日の天気や予想気温のほか、おすすめの服装を提案する「服装指数」も確認できます。あったかボトムスを活用して、冬の寒さを乗り切りましょう。