2020年7月30日
ダイドードリンコ株式会社

報道関係各位

 

自動販売機で赤胴車がよみがえる!? 「阪神電車赤胴車ラッピング自動販売機」を設置

 

 ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区)は、阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区 以下、阪神電車)と共同で、2020年6月に運行を終了した「赤胴車(あかどうしゃ)」をデザインした「阪神電車赤胴車ラッピング自動販売機」を7月30日(木)に阪神電車 武庫川線 武庫川団地前駅に設置しました。

 このデザインは、2020年6月まで武庫川線で運行していた阪神電車の象徴であるツートンカラー車両「赤胴車」をモチーフにしております。また、金銭投入時・商品搬出時には、赤胴車で流れていた武庫川線自動放送音声が流れる音声機能を搭載しております。時間帯、タイミングにより音声フレーズが異なり、訪れる方々に赤胴車を彷彿とさせ、お楽しみいただけるものと期待しております。

 今後も当社では、本自販機を通して、周辺地域の活性化に貢献してまいります。

 

(1)設置した「阪神電車赤胴車ラッピング自動販売機」

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292560-O8-0pZIzBe5

(2)音声フレーズ

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103124/202007292560/_prw_PT1fl_04sOyY5F.png

 

(3)設置場所

 阪神電車 武庫川線 武庫川団地前駅 改札外(所在地 :兵庫県西宮市上田東町4番83号)

 

 今後も当社は、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」のグループ理念のもと、世界中の人々が

楽しく健やかに暮らすことのできる豊かで元気な地域社会づくりに貢献いたします。

 

<参考資料>

赤胴車(あかどうしゃ)とは

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292560-O10-I8L6WVN1

1958年・59年に急行用として製造された車両(3301形・3501形)の外装が、上部がクリーム色、下部がバーミリオン(赤)に塗り分けられていたことから、当時人気のマンガキャラクターであった赤胴鈴之助にちなんで名付けられ、親しまれてきました。その後に製造された車両(7861形・7890形など)の配色にも採用され、阪神電車の伝統のカラーとなりました。2020年6月に実施された武庫川線車両置換えにより、運行を終了することとなりました

※ 参考:阪神電気鉄道㈱ホームページより

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「自動販売機で赤胴車がよみがえる!?「阪神電車赤胴車ラッピング自動販売機」を設置