2020.01.22

早稲田大学

低温で二酸化炭素を資源化する手法を発見

本発表の詳細は、早稲田大学のホームページをご覧ください。
https://www.waseda.jp/top/news/68106

■発表のポイント
・二酸化炭素と再生可能エネルギーを用い、低温で二酸化炭素を資源化する手法を発見
・本手法により、欲しいときに欲しいだけ二酸化炭素を資源化することが可能
・温暖化抑制・化石資源消費抑制のための社会変革に大きく貢献することが期待される

■概要
早稲田大学大学院先進理工学研究科修士2年の山田研成(やまだけんせい)氏および理工学術院の関根泰(せきねやすし)教授らの研究グループは、二酸化炭素と再生可能エネルギーで得られる電力・電解水素を、常温から100度台と低い温度で反応させて資源化する全く新しい手法を開発することに成功しました。本手法により、欲しいときに欲しいだけ、二酸化炭素を再び資源化できるようになります。本手法は、温暖化抑制・化石資源消費抑制のための社会変革に大きく貢献することが期待されます。
本研究成果は、『Chemistry Letters』のオンライン版に2020年1月22日午前9時(日本時間)に掲載されました。

■論文情報
雑誌名:Chemistry Letters
論文名:Low-temperature conversion of carbon dioxide to methane in an electric field
DOI:10.1246/cl.190930

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「低温で二酸化炭素を資源化する手法を発見