テレビなどでときどき耳にする「八百長」という言葉ですが、事前に勝敗を示しあわせることをなぜ八百長というのでしょうか。
 
八百長という言葉は、明治時代に八百屋の店主をしていた長兵衛(ちょうべえ)という人の名前が由来になっています。相撲界の有力者であった伊勢ノ海は、長兵衛の囲碁仲間で、長兵衛のお店の上客でした。長兵衛のほうが伊勢ノ海よりも囲碁が強かったのですが、伊勢ノ海にたくさん買い物をしてもらうため、わざと負けて機嫌をとっていました。八百屋の長兵衛がこのようなズルをしていたことから、八百長という言葉が生まれ、はじめのうちは相撲だけに使われていました。
 
いまは相撲以外のスポーツや賭け事などにも使われていることは周知のとおりです。八百長はお金を払っているお客さんへの信頼やスポーツマンシップに反するというモラル的な側面だけでなく、競馬や競輪などの公営ギャンブルでは法律で禁じられており、刑事罰の対象にもなります。
▶ 【恐怖】毎日池の周りをウォーキングしていた親子 ある日「謎の白い物体」を見つけ…その恐ろしすぎる正体にゾッとする
▶ 毎日池の周りをウォーキングしていた親子 ある日「謎の白い物体」を見つけたのだが、恐ろしすぎる結末とは…実際にあった怖い体験談2選
▶ 「0時を回ったら戸を開けてはいけないよ」大家さんの忠告を無視していた男性…恐ろしすぎる結末に鳥肌

情報提供元:citrus
記事名:「「八百長」の言葉の由来って知ってる?