秋になると食べたくなるみずみずしい梨。そんな旬の味わいがたっぷりはいったビールが限定発売されました!


2020年10月15日(木)に限定発売されたサンクトガーレン有限会社の『和梨のヴァイツェン』は、表面の傷やいびつな形などで“出荷不可”となってしまった梨を活用しています。今回は、梨農家のピンチを救い、おいしさがぎゅっと詰まったビールをご紹介します。

訳あり梨になった理由は?


今年「和梨のヴァイツェン」に使用しているのは、神奈川県と新潟県の“訳あり梨”。2020年は長雨や日照不足により、“蜜(みつ)症”梨が大量発生してしまいました。蜜はリンゴにあると喜ばれますが、梨に発生するとシャキシャキとした食感が失われ、見た目の問題もあり出荷できなくなってしまうのです。

しかし、おいしいことに変わりなく、サンクトガーレンでは訳あり梨約350kgを引き取り、ビールに使用しました。

SOSがあったのは、神奈川県小田原市と新潟県加茂市の農家。品種は豊水・幸水・菊水・新高など数種類が使用されています。

梨をまるまる味わおう


「和梨のヴァイツェン」は、小麦麦芽を主原料としたフルーティーなヴァイツェンというスタイルをベースにしました。
ヴァイツェン

ヴァイツェン とは

ヴァイツェンは、小麦麦芽を50%以上使ったドイツの伝統的なビール。バナナのようなフルーティーな香り(エステル香)と、苦みをほとんど感じない柔らかな味わいが特徴。ヴァイスビアと呼ばれる事もあるが、ヴァイスは「白」という意味。酵母をろ過していないものは『ヘーフェヴァイツェン』。

醸造では、梨を細切れにしたもの、ペーストに加工したもの、ジュースに加工したものを3段階に分けて加えています。

苦みは抑え、梨の甘い香りと瑞々しい風味がギュッと閉じ込められた、とてもフルーティーなビールに仕上がりました。

急遽ボトル販売を決定!


本来は10月に開催予定だった「横浜オクトーバーフェスト」の限定ビールとして樽生で提供予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により中止となってしまいました。そこで急遽ボトル販売を決定。オンライン販売により、今年も家庭でもたのしめるようになったのです!

一緒に食べたいおつまみは?

ホクホク♪フライドポテトの甘味噌がらめ おつまみレシピ
ホクホク♪フライドポテトの甘味噌がらめ

みんなが大好きなフライドポテトは、ビールのおつまみの定番!今回は、アツアツ揚げたてのジャガイモに、甘めの味噌をからめた女子が好きそうな味付けに♪すりゴマが香ばしさをプラスします。

つくり方を見る!

一緒に聴きたい音楽は?

藤原さくら “New Day”

ビールへと変貌を遂げ新しい味わいとなった梨。秋の風を感じながら、ゆったりと秋の味わい「梨のヴァイツェン」をたのしんでみてください。


果実本来の香りや味わいを引き出すことを大切にしているサンクトガーレン。たっぷりと使われた梨のおいしさがぎゅぎゅっと詰まった「梨のヴァイツェン」を、ぜひ堪能してみてください。

 『和梨のヴァイツェン』

  • 〇発売日:2020年10月15日(木)
  • 〇アルコール度数:5.5%
    〇原材料:麦芽、ホップ
  • 〇瓶容量:330ml
  • 〇希望小売価格:460円(税別)
  • 〇取扱場所:直営オンラインショップ、京王百貨店新宿店、そごう横浜店、信濃屋食品(一部除く)ほか
  • 〇URL:https://www.sanktgallenbrewery.com/

    ※このビールは日本の酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているため“発泡酒”表記です。
    麦芽率は50%以上で税率はビールと同じです。


情報提供元:ビール女子
記事名:「訳あり梨がおいしいビールに!約350kgの梨を使った『和梨のヴァイツェン』限定発売