まだまだ寒さも続き、おうちでのゆったりビール時間が至福に感じられる今日この頃。そんな時間に寄り添ってくれるようなビールが発売されます。


Far Yeast Brewing株式会社(以下、Far Yeast)のイノベーティブなビール造りに挑戦するブランド「Off Trail」の第9弾。ポートランドのブルワリー「Culmination Brewing」とコラボしたビール『Kriek in the Barrel(クリーク イン ザ バレル)』が2021年2月20日(土)に一般発売、公式オンラインストアでは2月9日(火)13時より先行予約販売されます。

「Far Yeast」と「Culmination」4回目のコラボが実現


日本発のオリジナリティ溢れるビールを世界中に発信するクラフトビールメーカー・Far Yeast BrewingがポートランドのCulmination Brewingとコラボするのは4回目。

今回発売される「Kriek in the Barrel」は、前回2020年6月に発売した「KRIEK IN THE FLESH」の麦汁に、野生酵母であるブレタノマイセスを加え、8ヵ月間オークバレルで発酵・熟成させたビールです。

「KRIEK IN THE FLESH」は、ケトルサワーリングという手法で造られています。これは、仕込み装置のボイリングケトル(煮沸釜内)で主発酵前に麦汁を乳酸発酵させ、ビールに酸味をつけるサワーエールの製法です。


さらにバレルエイジという製法を採用し、酸味をつけた麦汁を木樽で8ヵ月間熟成。その結果、穏やかな酸味、鮮やかなチェリーの果実味のある香りに加え、バレルエイジならではのオーク樽や革のような香りが絶妙に溶け合ったバランスの良い味わいに仕上りました。

一緒に食べたいおつまみは?


チキンスペアリブのハニーマスタード焼き

軽快でフルーティ、そしてちょっぴりファンキーな香りの「Kriek in the Barrel」は、マッシュルームを添えたステーキやローストチキンとの相性が抜群。普段のビールではなかなか体験することができないペアリングが楽しめます。ということで、材料も少なくマリネして焼くだけ、難しいことは一切なしのレシピをご紹介!オーブンで焼くので皮はパリッと、お肉はジューシーに仕上がります。マリネまで済ませておけば、 BBQに持参してもいいですね♪

つくり方を見る!


一緒に聴きたい音楽は?

深みがあり遊び心が感じられ、チェリーも入っている「Kriek in the Barrel」には、この曲しかない!ビール片手にゆらゆら踊れば、意外な親和性が感じられるかも。


FarYeastBrewing OffTrail Ginspiration
“Off Trail”=「舗装されていない道」を突き進むFar YeastとCulmination Brewingとのコラボビール「Kriek in the Barrel」。オンラインストアでは2月9日 (火)13:00より予約販売受付を開始、2月20日(土)より全国発売されます。

新しい味わいとの出会いは、いつだってわくわくするもの。新しい季節を迎える準備として、熟成された唯一無二のビールをお迎えしてみては。

 クリーク イン ザ バレル(Kriek in the Barrel)

  • 〇全国発売日:2021年2月20日(土)
  • ※オンラインストアでは2月9日(火)より予約販売受付開始
  • 〇アルコール度数:5.5%
  • 〇原材料:麦芽(外国製造)、チェリー、ホップ、糖類
  • 〇Far Yeast Brewing公式HP:https://faryeast.com/
  • 〇Culmination Brewing公式HP:https://culminationbrewing.com/
  • 〇醸造所:Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)


情報提供元:ビール女子
記事名:「おだやかな酸味と鮮やかなチェリーの香りに癒される“ファンキーなバレルエイジビール”発売