気温の上昇とともに、少しずつ高まる“ビール飲みたい欲”。お気に入りのグラスに注いでみたり、とっておきのおつまみを用意したりと、家飲みを楽しめるように工夫している方も多いのでは?そんな楽しい家飲みタイムを、より盛り上げてくれるものがあります。

それは家庭用ビールサーバー!!

今回、サーバーの大きさや使い勝手、飲めるビールの種類や価格などを徹底的に深堀り!調査したのは、「KIRIN Home Tap(キリン ホームタップ)」「DREAMBEER(ドリームビア)」「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」「BLADE(ブレイド)」「ビールの縁側」の5種類。ご紹介する情報を参考にして、あなたにぴったりのビールサーバーを見つけてみてくださいね!


丸くて可愛いサーバー「キリン ホームタップ」

ホームタップ HomeTap
最初にご紹介するのは、会員制生ビールサービス「キリン ホームタップ」です。

キリン ホームタップは、工場から「つくりたての本格生ビールのおいしさ」が、月2回、自宅に届く定期配送サービス。コンセプトとして「Tank to Glass」を掲げ、ビールの新鮮な味わいを閉じ込めるため、速やかにホームタップ専⽤のペットボトルに注⼊しています

ホームタップ HomeTap
サーバーは白くて丸みを帯びた愛らしい姿。キッチンカウンターや食卓の上に置いても、空間にすっと溶け込みそうです。

大きさは幅230×奥行283×高さ355mmで、少人数用の炊飯器くらい。重さも4.6kgですので軽々と運べます。


サーバーにセットするビールのサイズは1L。ホームタップ専用に開発されたPETボトルで届きます。ころっとしたフォルムでかわいらしいですよね。

ビールのラインナップは定番の『一番搾りプレミアム』をはじめ、ブルックリン・ブルワリーのビール、スプリングバレーのビールなど豊富に揃います。通年で買えるビールだけでなく期間限定のビールもあり、常時3~4種類の中から自分で好きなビールを選ぶことができます。

ホームタップ HomeTap
ビールを注ぐためには炭酸ガスが必要です。交換方法は簡単!専用の炭酸ガスカートリッジをガスユニットのホルダーに入れて、ホルダーをガスユニット本体にねじを回すようにして取り付けるだけです。とは言え、炭酸ガスが高圧で封入されているため、きちんと取り扱い説明書は読んでください。公式ホームページでは取り扱い方法を解説した動画もありますので、イマイチイメージできないという方はご覧ください。

ちなみに、炭酸ガスカートリッジ1本で1.5~2Lのビールを抽出することが可能とのこと。炭酸ガスカートリッジは、12セットに1回、ビールと一緒に届くので、自分で数を管理しなくても大丈夫です。

ホームタップ HomeTap
ビールは要冷蔵が基本ですが、冷蔵庫に入り切らない場合は冷暗所での保管も可能とのこと。常温で保管していた場合は、飲む前に10時間程度は冷蔵庫で冷やしておいてくださいね。

注ぎ方も簡単です。レバーを手前に倒すとビールの液体が出てきて、レバーを奥に倒すとクリーミーな泡が出てきます。実は液体を注ぐ時にも泡が生まれるので、グラスの形やグラスを当てる角度などを調整して、自分好みの泡と液体の比率を探してみてください!

一度開栓したビールは、サーバーの電源を入れたまま保管してください。そして、48時間以内がおいしく飲める期間とのこと。

ホームタップ HomeTap
飲み終わった後は、ビールが入っていたPETボトルは家庭で廃棄でき、リサイクル可能です。ビールが通るチューブは水を通す程度の洗浄でOK。

編集部コメント
かわいらしいフォルムのサーバーとペットボトル。小型でも泡は本格派!こんなにクリーミーだとは思っていなかったので驚きました。1Lと少量のため、ビールがおいしいうちに飲んでしまいそうです。

『KIRIN Home Tap(キリン ホームタップ)』

〇配送頻度:月2回
〇定期配送スキップの可否:可能。ただし、2ヶ月連続でのスキップは不可。
〇月額料金
・月4Lコース:8,250円~ (税込)
・月8Lコース:12,430円~(税込)
【内訳】
・月額基本料金:3,190円(税込、配送料込)
・ビール1セット(1L×2本):2,530円~(税込、商品により変動)
※炭酸ガスカートリッジ、備品、送料等は月額料金に含まれる
〇ビール追加注文:可能
〇サーバー本体:無料レンタル
〇最低契約期間:12ヶ月(12ヶ月未満での解約の場合、解約手数料としてサーバー代金の一部に相当する税込16,500円が発生)
〇公式サイト:https://hometap.kirin.co.jp/

ダブルタップで飲み比べられる「DREAMBEER」

DREAMBEER ドリームビア
続いてご紹介するのは、多彩なビールを楽しむための会員制ビール配送サービス「DREAMBEER」です。DREAMBEERは「家でおいしいビールを飲みたい!」という潜在的ニーズに応えるべく誕生した会員制サービス。全国各地にあるクラフトブルワリーのビールを、家庭用本格ビールサーバーで楽しむことができます

黒いサーバーは、つや消し加工がされていてマットな手触り。部屋に設置すれば、しっかりとした存在感を放つインテリアになりそう。

DREAMBEER ドリームビア
大きさは幅308×奥行340×高さ449 mm(タップ・ハンドル・受皿除く)で、電子レンジほど約14kgの重さがありますので、気分によって移動するというよりは、設置場所は決めたほうがよさそうです。3段階で温度の切替可能な保冷機能があり、電源が必要です。

ビールのラインナップは、50社を超える全国各地のクラフトブルワリーから100銘柄を超えるビールが揃います。今後も取り扱うブルワリーは増えていくとのこと。定期購入プランでは、自分が選んだビアスタイルがの中からおすすめ銘柄が届く「おまかせパック」と、自分で銘柄を選ぶ「セレクトパック」の2コースから選択可能で、その他に「都度購入プラン」もあります。

DREAMBEER ドリームビア
ビールのサイズは1.5Lで、PETボトルに詰められた状態で届きます。ジュースなどの1.5LPETボトルとほぼ同じ大きさですが、なんとドリームビア専用に開発されたクラフトビールを新鮮に保ってくれるPETボトルなのです!

DREAMBEER ドリームビア
そして、ビールを注ぐために炭酸ガスが必要。サーバー上部にガスカートリッジを取り付ける場所があり、簡単に交換することができます。ガスカートリッジは、ビール注文本数に応じた必要量を無償で提供されるとのこと。

DREAMBEER ドリームビア
DREAMBEERの魅力はなんと言っても、2種類のビールを飲み比べできること!お気に入りのブルワリーの2液種を飲み比べるもよし、お気に入りのビアスタイルを気になるブルワリーで飲み比べるもいいですよね。楽しみ方が広がります!

ビールを注ぐ時はタップハンドルを手前に倒すとビールの液体が出てきて、ハンドルを奥側に押すとなめらかな泡が出てきます。一度開栓したビールはサーバーの電源を入れたまま保管し、5日以内に消費しましょう。

DREAMBEER ドリームビア
そして、こちらは銘柄ごとに用意されている「ラベルバッジ」。セットされているビールが分かるようにハンドルにセットするために用意されたそうですが、これは欲しくなる!初回注文の際にビールと一緒に届くとのことで、ラベルバッジを集めるためにビールを飲んでしまいそうな予感。

DREAMBEER ドリームビア
ビールを飲み終わったら空のPETボトルはリサイクルが可能です。そして、ボトルと接続するアダプターは、ビールが通る経路を水洗いしてください。そして、タップは週に1回程度、分解しブラシで水洗いが必要。おいしいビールを飲むためにもお忘れなく!

編集部コメント なんと言っても、2種類のビールが飲み比べられるのがとっても良い!どんな飲み比べをするのか、持ち主さんのこだわりが光りそう。ラベルバッジ、絶対集めちゃいますよね。

『DREAMBEER』

〇購入プラン:定期購入プラン(おまかせパック・セレクトパック)、都度購入プラン
〇定期購入スキップの可否:可能
〇料金
【都度購入プラン】購入事例
・当月請求:8,030円(税込)~ ※銘柄ごとに価格は異なる
・内訳:サーバーレンタル料0円+ビール料金(2本)7,040円~+クール配送料(関東地区)990円~
【定期購入/おまかせパック】購入事例
・当月請求:15,125円(税込)~ ※1本あたり3,520円の定額制
・内訳:サーバーレンタル料0円+ビール料金(4本)14,080円定額+クール配送料(関東地区)1,045円~
※炭酸ガスカートリッジ、注出ストロー等はビール注文本数に応じた必要量を無償で提供
※セレクトパックの場合は、1本あたり220円割引
〇配送料:別途必要。配送エリアごとに料金は異なる。
〇ビール追加注文:可能
〇サーバー本体:無料レンタル。ただし、ビールの注文がない月はサーバーレンタル代(税込1,100円)が必要。
〇最低契約期間:初回のビールが出荷された月から起算して3年間(36ヵ月)。最低契約期間内の解約は契約解除料として33,000円(税込)が発生。
〇公式サイト:https://dreambeer.jp/

氷点下にも設定できる「THE DRAFTERS」


続いてご紹介するのは、会員制家庭用生ビールサービス「THE  DRAFTERS(ドラフターズ)」。

ドラフターズは、アサヒビール株式会社(以下、アサヒビール)が独自に開発した「本格泡リッチサーバー」をレンタルし、『アサヒ スーパードライ』が月2回、自宅に届く定期配送サービスです。

ツヤツヤしているサーバーはサイドが濃紺で中は黒の配色。幅195×奥行395×高さ478mm(受皿を含まず)で、ひとむかし前のデスクトップPCのハードのようにシンプルなフォルムです。

ドリフターズ アサヒビール
ビールは『アサヒ スーパードライ(ミニ樽2L)』の1種類のみ。届いたビールは冷暗所での保管が可能ですが、サーバーにセットする前に12時間以上冷やしておきましょう。

サーバーには冷却機能があるので電源が必要。冷却温度にこだわりがあり、スタンダードモード(4~6度)エクストラコールドモード(-2~0度)を選ぶことができます。限られた飲食店でしか提供されなかったエクストラコールドが自宅で飲めるなんて、スーパードライファンにはたまらない仕様ですよね。

ドリフターズ アサヒビール
これまでご紹介したサーバーと同様に、ドラフターズにも炭酸ガスが必要です。こちらの黒い減圧弁ユニットの中に炭酸ガスが封入されたミニガスをセットします。ミニガス1本で、ミニ樽1本の注出が可能。ミニガスはビールの本数に合わせて一緒に届けられます。


ビールを注ぐ時はタップを手前に倒し、グラス内側に液体が沿うように注いでいきます。グラスの7分目まで注いだら、タップを奥に倒して泡でフタをするイメージで泡をのせていきます。エクストラコールドモードのときは、事前にグラスを冷やしておくのを忘れずに!

一度開栓したビールはサーバーの電源を入れたまま保管し、72時間以内に消費してくださいね。


飲み終わった後は、サーバーからミニ樽を取り外し、アルミ缶としてリサイクルしてください。その後、注ぎ口(ドラフトタップ)を分解し、付属の洗浄ブラシで各パーツを洗浄してください。また、サーバー本体下部にあるフィルターも月1回以上の流水洗いが必要です。

細かいパーツを洗っていると、なんだかプロになったような気がしますよね。おいしいビールのためにしっかり洗いましょう!

編集部コメント
サーバーがシュッとしていて、とってもカッコいいですよね。お部屋にあるだけでオシャレ空間になったような気がします。エクストラコールドモードで、キンキンに冷えたスーパードライを飲み干したい!!

『THE DRAFTERS』

〇配送頻度:月2回
〇定期配送スキップの可否:1ヶ月単位で休止可能。ただし、月額基本料は必要。
〇月額料金:7,980円(税込)
【内訳】
・基本料金:2,990円(税込)
・ビール料金:4,990円(税込)※ミニ樽2L×1本を月2回、ミニガス・配送料込
【追加料金】
・ミニ樽2L:1本あたり1,980円(税込)
〇ビール追加注文:可能
〇サーバー本体:レンタル(レンタル代は基本料金に含む)
〇最低契約期間:6ヶ月(6ヶ月未満での利用停止(休会)の場合、サーバー整備にかかる実費相当分8,500円(税込)が必要)
〇公式サイト:https://drafters.jp/

近未来的なサーバー「BLADE」

BLADE
4番目にご紹介するのは、革新的でコンパクトなドラフトビールサーバー「BLADE(以下、ブレイド)」。これまでご紹介したビールサーバーは全てレンタルでしたが、ブレイドは「購入型」です。


ブレイドは、樽、ヘッド、ホースが一体になっている使い捨ての専用樽をセットするだけで、簡単にキンキンに冷えたビールを飲むことができるサーバーです。

シルバーでスタイリッシュな本体はライトアップもできるんですよ。近未来感あふれるサーバーの大きさは幅290×奥行471×高さ590mm(ビール受け皿を含む)と、電子レンジくらいのサイズ。重さは17.6Kgあるので、安定した場所に設置してくださいね。

BLADE
ビール樽は全て8Lで、ラインナップは『TIGER BEER(タイガービール)』『EDELWEISS(エーデルワイス)』『AFFLIGEM(アフリゲム)』『DESPERADOS(デスペラードス)』の4種類

ビール樽は箱に梱包した状態で届きます。梱包後の箱のサイズは209 X 215 X 381.5mmあり、重さも8.3Kgありますので、保管場所を確保しておきましょう。また、届いたビールは冷暗所で保管が可能ですが、飲む前に16時間程度冷やしておいてくださいね。

BLADE
冷却温度は約2度、キンキンに冷えた状態を保ってくれます。ハンドルを倒すとビールが注がれますが、樽とビールが入った袋の間に空気を取り込み圧力をかけて出てくる仕様なので、炭酸ガスは不要です。そのため、ビールを注ぐ時に少し大きめのポンプ作動音がします。夜に注ぐと「ビールを飲んでるな」って家族にバレちゃいますのでご注意を。

BLADE
専用ビール樽は、ビールが空気や炭酸ガスに接触しない特殊構造のため、約30日間安定しておいしいビールを味わうことができます!

飲み終わった後は、プラスチックゴミとして廃棄してください。内部は水滴を拭き取る程度でよく、管理が楽ちんなサーバーです。

編集部コメント
小さな宇宙船のようなサーバーが自分のものに!ビールはどんと8Lありますが、30日間も鮮度が保てるなんて素晴らしいですよね!お気に入りの銘柄をじっくり飲み進めたい。

『BLADE』

〇パッケージ価格
BLADE + 8L樽x1本:37,500円
BLADE + 8L樽x2本:43,500円
BLADE + 8L樽x3本:48,500円
BLADE + 8L樽x4本:51,500円
※上記価格には、消費税および、郵送費が含まれる。
※サーバー本体は購入となるため、月額レンタル料は発生しない。
〇ビール単品価格(全て8L、税込)
TIGER BEER:11,300円
EDELWEISS:11,600円
AFFLIGEM:11,600円
DESPERADOS:11,600円
〇公式サイト:https://bladejapan.jp/

「BLADE」さらに詳しくはこちら

どこでも楽しめる「ビールの縁側」

ビールの縁側
最後にご紹介するのは、国内最大級のクラフトビール専門のポータルサイト「ビールの縁側」です。こちらはサーバーではなく、“専用ビール樽”と“専用ポンプ”のみでビールを注ぐことができるスゴイヤツ!電源が不要なところが最大の特徴です。

ビールの縁側は、「クラフトブルワリーとビールファンをつなぐ」をコンセプトに、日本各地のブルワリーから専用樽に詰められたビールが直接届く産地直販型通販サイトです。

ビールの縁側
飲ん樽(のんだる)」と呼ばれる専用樽は5L樽、3L樽の2種類あります。色は濃い緑色、黄緑色の2色があり、大きさは5L樽で高さ30cm×直径20cm、3L樽で高さ25cm×直径17cmです。冷蔵庫に保管する際は、横にしても問題ないとのこと。

ビールラインナップは、59社のクラフトブルワリーから200種類を超える銘柄が揃います。その時々で出品される銘柄が異なるため、毎回新しいビールと出会える可能性があります。まだまだ提携ブルワリーが増える予定で、今後の動きにも注目!

ビールの縁側
「飲ん樽」は、9層の特殊フィルムで作られたインナーバッグがビールを守っています。専用ポンプでインナーバッグの周りに空気を入れビールを押し出すことで、ビールの中の炭酸ガスは逃さず、外の酸素には触れにくい構造になっています。

ビールの縁側
そして、注ぐために必要なのは手動で空気を入れて使う専用ポンプのみで、電気や炭酸ガスは一切不要!あらかじめ冷やしておいてクーラーボックスなどに入れて持ち運べば、アウトドアでも冷たいビールを味わえますね!

飲み終わった後は、分解して家庭ゴミで処分が可能。また、専用ポンプは繰り返し使えますので、忘れずに洗浄しておいてください。

編集部コメント
カラフルで愛らしい形状の飲ん樽。その姿だけで癒やされる気がします。「今日はどんなビールがあるのかな」とサイトをながめているだけで心が躍るビールの縁側。飲ん樽の分解にはちょっとしたコツがいるようで、初めて分解したときは固くて大変でした。たくさん飲んで慣れなくちゃ!

『ビールの縁側』

〇料金
・ビール:6,326円~(税込、銘柄毎に設定)
・専用ポンプ:2,200円(税込)
〇配送料:ビール代に最低運賃が含まれている。配送先が最低運賃範囲外となる場合、追加料金が発生。
 〇公式サイト:https://beer-engawa.jp/

「ビールの縁側」さらに詳しくはこちら


今回は5種類の家庭用ビールサーバーをご紹介しました。どれも魅力的なサーバーで、どれにしようか迷ってしまいます。いっそのこと、いくつか並べてみるか、なんて考える自分も。

瓶や缶で飲むビールとは違う、特別な体験ができるビールサーバーたち。あなたの生活にマッチするサーバーが見つかった人は、ぜひおうちに迎えて充実した家飲み時間をお過ごしください!

情報提供元 : ビール女子
記事名:「 編集部が徹底リサーチ!おうちに迎えたい家庭用ビールサーバー5選<全て使ってみた>