歌手の工藤静香(50)が16日、自身のインスタグラムを更新した。

 工藤といえば先日、「長老のバブルとハニーの診察を待っている間に、母に撮影をお願いしたら携帯のカメラは「押してるかどうかわからない」らしい 笑笑 ババちゃんなかなか上手よ」とつづり、母親撮影のオフショットを投稿。この投稿にファンからは「超美人」「リラックスしてる~」などの声が寄せられていた。

 そんな工藤はこの日、「ここから急に寒くなっていくのでしょうか!?秋の紅葉ファッション、ジャケット、トレンチコート、セーターなどなど色々楽しみたいですね」「今日のルックはとっても楽なオールインワンです。こちらは4年前くらいの物です」とつづり、私服姿を披露した。ネイビーカラーのオールインワンにFENDIのブーツとLouis Vuittonのトートバッグを合わせている。

 この投稿にネット上からは「ただただカッコイイ!!」「あー、もぅ素敵過ぎーッ」などの声が寄せられている。しかし、その一方では「オールインワンにブーツも合ってないし、ヴィトンのバッグがエコバッグに見えてしまう」「4年前の物ですって言ってる割には、ヴィトンをアピールしてる所があざとい」という声もあがった。

 身に付けている物ひとつひとつは洗練された逸品ではあるが、組み合わせに違和感を覚える人も少なからずいたようである。オールインワンと最高級ブランドでは統一感に欠けてしまっていたのかもしれない。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「工藤静香、オールインワンとFENDIのブーツ姿に賛否の声「カッコイイ」「合ってない」