アップルは、開発者向けイベント「WWDC21」において、ハイアットと提携しホテルのデジタルキーを最新バージョン iOS 15 の「Wallet」アプリに追加すると発表した。

今年の秋から同社が全世界で展開する 1,000 以上のハイアットホテルで、ホテルに到着する前になると自動的に「Wallet」アプリにデジタルキーが追加され「鍵」として利用できるようになる。

デジタルキーで開けられるようになるのはホテルの客室だけではない。アップルは、他にもアメリカのロックメーカー Schlage、スマートロックの Latch といったパートナーの数々も追加。

Apple Pay の責任者であるジェニファー・ベイリー氏は、これにより、自宅やアパート、会社のオフィスなども Apple の iPhone でロック解除できるようになると述べた。

さらに、超広帯域無線通信技術「UWB」に対応していれば、必ずしも iPhone をポケットから取り出す必要はない。UWB はすでに Apple Car Key に採用されており、BMW の一部モデルでロックを解除できる。

UWB(Ultra-Wide Band)は、2021 年 4 月に Apple が発売した紛失防止タグ「AirTag」に使われれている超広帯域無線通信技術で、従来の紛失防止タグで利用されていた「Bluetooth」に比べて、高精度で測位できるのが特徴だ。

UWB関連の業界団体「FiRa Consortium」には、モバイル OS シェアで争うアップルとグーグルが加盟。iOS と Android で UWB が標準搭載される日も近いと言われる。「鍵」を取り出さなくても自宅やオフィス、ホテルのドアを開けられる時代が来るのかもしれない。

情報提供元 : Airstair
記事名:「 Apple、iOS 15でハイアットと提携しホテルの「デジタルキー」を追加 最新アップデートで