みちのりホールディングスと関東自動車、ナビタイムジャパンは、栃木県宇都宮市でBluetooth Low Energy(BLE)スキャンを利用した、バスのリアルタイム混雑情報表示の実証実験を、1月13日より開始した。

宇都宮駅西口~西川田東(江曽島)間を運行する3台の路線バス車内に設置した、BLEスキャン搭載の計測用スマートフォンで、乗客が持つスマートフォンなどが発信しているBluetooth信号を検知し、バス車内のリアルタイム混雑度を算出する。うち1台には車内に定点カメラを設置し、実際の混雑度との差異を比較し、データ精度を検証する。

混雑度は、青(空席あり)、黄(立ち客あり)、赤(立ち客多い)の3段階で表示され、各色のアイコンを路線図上に表示する。これにより、混雑を回避した利用ができるようにする。期間は2月11日まで。

今後は、蓄積した混雑情報を分析し、平日・休日の傾向の違いなど混雑情報の精度向上や、ナビタイムジャパンの持つ突発的なイベント時のルート検索データなどのビッグデータと掛け合わせることで、未来の混雑予測情報の提供などを検討する。また、区間ごとにバスの乗降客数を分析し、ダイヤ改正や路線改定への活用も見込んでいる。

情報提供元:Traicy
記事名:「バス車内の混雑、スマホのBluetoothで計測 関東自動車ら実証実験