アラスカ航空

アラスカ航空は、感情支援動物(エモーショナル・サポート・アニマル)の機内持ち込みを、1月11日以降の予約分より認めない。

負傷や健康被害、客室の損傷を引き起こした感情支援動物の事例に基づき、アメリカ運輸省が規則を変更していた。障害者を支援する訓練された介助犬のみ、1人あたり最大2匹まで同伴できる。同伴には、フォームに記入の上、訓練を受け、ワクチンを接種していることなどを証明する必要がある。

1月11日以前に行われた予約で、2月28日までのフライトに限り、引き続き受け入れる。以降は受け入れを全面的に取りやめる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アラスカ航空、感情支援動物の機内持ち込みを禁止