三田線 6500形

東京都交通局は、地下鉄三田線に新型車両6500形を導入すると発表した。2022年度から営業投入し、現行の6300形を順次置き換える。

現行の6300形は2000年まで製造されており、三田線に新車が導入されるのは22年ぶりとなる。6300形が6両編成だったのに対し、6500形は8両編成化して輸送力を増強。座席幅を拡大し、袖仕切りも大型化する。ユニバーサルデザインを取り入れた「人にやさしい」車両として、全ての車両にフリースペースを設置。乗降口脇のスペースを広くしするほか、従来より低い位置に吊手や荷物棚を設置する。また、車内Wi-Fiサービスを提供する。

11月に第1編成を搬入し試験調整等を行った後、2022年度から営業投入し、全13編成を順次導入して6300形を置き換える計画。

三田線 6500形

情報提供元:Traicy
記事名:「都営三田線、新型車両6500形を2022年度導入へ 6300形置き換え