エア・ドゥ

AIRDO(エア・ドゥ)は10月15日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減少を受け、11月の運航計画を一部変更すると発表した。

対象路線は東京/羽田〜札幌/千歳・旭川・女満別・帯広・釧路線、札幌/千歳~仙台・神戸線で、11月1日から30日にかけて計500便を運休する。これにより減便率27%となる。10月の減便率は41%だった。

運休対象便の予約者には、順次、振り替え、払い戻しに関する手続き等を案内するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エア・ドゥ、11月には7路線500便を減便