藍よしのがわトロッコ

JR四国は徳島県の協力により、徳島線で新たなトロッコ車両「藍よしのがわトロッコ」を10月10日から運行する。

列車はキハ185系とキクハ32形の2両編成で、定員56人。外観デザインは徳島県の藍染「阿波藍」をモチーフとした、木綿地のテクスチャーが深い藍「かちいろ」に染まっていくグラデーションカラー。3色の流曲線と合わせて、吉野川の流れや阿波の風土を表現した。絞り染めをモチーフにした水玉模様もあしらわれている。

シンボルマークは「Ai(藍)」の文字を阿波踊りの躍動感に見立てた。ヘッドマークは阿南市在住の書家・天羽汕景氏が藍墨でイメージを作成した。

運行区間は徳島〜阿波池田間で、10月10日〜11月までの土休日と、2021年3月27日・28日に1日1往復する。また、2021年4月・5月・9月〜11月にも運転予定。下り便「藍よしのがわトロッコ さとめぐみの風」は午前10時34分徳島発、午後1時阿波池田着、上り便「藍よしのがわトロッコ かちどきの風」は午後2時39分阿波池田発、同5時6分徳島着。上下便とも、特急「南風」を利用して「四国まんなか千年ものがたり」との乗り継ぎができるダイヤとなっている。

運行開始に合わせて、過去に栗尾商店が販売していた駅弁「阿波尾鶏とりめし」をトロッコ列車オリジナルにアレンジし、車内限定で販売する。税込み1,000円で、乗車日4日前までの電話予約が必要。徳島県は現在、沖縄県を除く46都道府県中で唯一駅弁がなく、2016年以来の駅弁復活となる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR四国、徳島線に新たな観光列車「藍よしのがわトロッコ」 10月10日デビュー