カーナビはスマホで十分という人へ
DIN規格車でもスマホ連携できるDAという選択肢


carrozzeria
カロッツェリア/DVH-8500DVS


カロッツェリア パイオニア ディスプレイオーディオ 2din 交換

ちょっと前のクルマもApple CarPlayが使える!!
車載に特化して進化したナビゲーションシステムだが、日頃使い慣れたスマートフォンのナビで十分という人も多い。その理由は手軽なことや、常に地図が最新であるなど様々。それを有効に活用する方法が、アップルカープレイなどのスマホ連携だ。

最新のクルマは純正デッキでもアップルカープレイやアンドロイドオートといったスマホ連携機能が使えるものの、DIN規格のオーディオが採用されているクルマの場合は、そうではない。では、DIN規格のクルマでアップルカープレイなどを使うことはできないのかというと、答えはNOだ。

カロッツェリアをはじめ、カーAVメーカーが社外ディスプレイオーディオを発売。2DIN車はもちろん、1DIN車にも対応するモデルをラインアップ。それらを用いれば、DIN規格車も最新のスマホ連携をフル活用できるぞ!


例えば、エアコンベントにスマホホルダーを取り付けアップルカープレイでデッキには地図、スマホには行程という表示は連携していなければできない。オーディオの曲送りなどもスマホで行えるので手元で操作できるのも魅力。


大画面の迫力もいいけど、2DINサイズのスペースに収まるとインパネまわりもすっきり。それでいて最新のスマホ連携ができるのが魅力。唯一の悩みは、画面が6.8V型で、細かい文字が見にくいこと。

「【スマホナビが車載画面で使える!】アップルカープレイやアンドロイドオート対応の市販ディスプレイオーディオってなに!?【前編】」の1枚めの画像


DVH-8500DVSに限らず、多くのモデルはアップルカープレイとアンドロイドオートに対応。スマホで操作してデッキの画面に表示というイマドキの使い勝手を堪能できる。また最近のトレンドとして純正はもちろん社外デッキでも、DVD/CDの物理メディアのスロットないモデルも多い。それらのソフトウェアを再生したいという人にとっても貴重な選択肢のひとつだ。

carrozzeria/DVH-8500DVS

DVD再生もできるディスプレイオーディオ

カロッツェリアから2019年に発売されたディスプレイオーディオ。Bluetooth接続などの定番の機能はもちろん、アップルカープレイとアンドロイドオートにも対応。最新のSZ700はCD/DVD再生はできないが8500DVSなら再生できる。
■価格:オープン価格
■画面サイズ:6.8V型ワイド
■DIN規格:2DIN
■Apple CarPlay / androidauto:対応
■対応メディア:HDMI、USB、AV、AUX、Bluetooth、CD/DVD

【後編】では、いま買える市販ディスプレイオーディオ7モデルを紹介!

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【スマホナビが車載画面で使える!】アップルカープレイやアンドロイドオート対応の市販ディスプレイオーディオってなに!?【前編】