クルマ好きといわれる人のなかには、実車のクルマ以外にもいろいろな趣味を楽しんでいる人がいます。例えば、二輪車、自転車、時計、カメラ、お酒、鉄道などなど。そのジャンルは人によってさまざまですが、共通するのは複数の趣味を同時並行することで生活を思いっきり楽しんでいること。今回は、趣味の守備範囲を広げることで、どれほど生活が楽しくなるかを考えてみます。

守備範囲を広げると楽しさ100倍?多彩な趣味生活のススメ 北沢剛司

守備範囲を広げると楽しみの収入源が増える

趣味の守備範囲を広げることは、いわば本業と副業のような関係です。本業のクルマ趣味をメインに活動しながら、同時にほかの趣味も同時並行して、そこからも楽しみを得ようというのが狙いです。このメリットは、例えば本業がうまくいかない場合でも、副業のほうが順調であれば、その分を補填できるということ。例えば、メインの趣味が実車ベースの場合、愛車が故障して動かなくなったり、修理に必要な部品の入手に時間がかかって長期入院になるような場合は、退院するまで趣味の活動ができないことになります。もし趣味を複数持っていれば、その間に別の趣味活動を行い、そちらで楽しみを見つけることができます。

また、副業的に楽しんでいた趣味が本業になることもあります。クルマいじりが大好きで、その延長線上でプラモデルや鉄道模型に手を出してみたら、そっちのほうにハマってしまったという例です。簡単なクルマの修理なら自分で行えるという人は、模型製作においても、これまで蓄積してきたノウハウを活かすことができるはず。新たな趣味に開眼することはかなり楽しい体験なので、大いに楽しむことをお勧めします。

お勧めの趣味カテゴリーを紹介

趣味のカテゴリーは本当に幅広いので、別にクルマに関係したものである必要はありません。むしろ、まったく関係がないものを楽しむことも気分転換としては良い効果があります。具体的な例として、ここでは筆者が行なっている趣味のサブカテゴリーを紹介し、それらの活動内容とそれぞれの魅力について語ってみたいと思います。

1.ミニカー

守備範囲を広げると楽しさ100倍?多彩な趣味生活のススメ 北沢剛司

筆者にとって、クルマに興味を持つきっかけとなったアイテムがミニカーであり、具体的にはトミカでした。物心がついたときから一緒にいて、今でも毎月新製品を買いに行っています。半世紀ほど続いている趣味なので、台数はすでに数え切れません。おそらく千台は超えているのではないでしょうか。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事