シャープ<6753>は大幅反発。前日に21年3月期の決算を発表、営業利益は831億円で前期比61.5%増益、市場想定を70-80億円程度上回っている。巣ごもり需要などが継続しているもようだ。また、22年3月期は1010億円で同21.5%増益の見通しとしており、市場予想を150億円程度上振れへ。営業利益率4%への向上を想定している。足元で特に期待感が先行していたわけでもなく、コンセンサスを上回る業績推移を評価する動きが優勢に。 <TY>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 シャープ---大幅反発、前期実績・今期見通しともに市場予想を上振れ