ディップ<2379>は急落。野村證券では投資判断「ニュートラル」継続で、目標株価を3550円から2640円に引き下げている。パート・アルバイト領域では求人広告需要の低迷が長期化すると考え、業績予想を下方修正している。21年2月期営業利益は従来予想の160億円から84億円に引き下げているもよう。主力の飲食・小売領域の需要冷え込みが継続すると見込んでいる。人材サービス関連の中でも業績への悪影響が長期化するリスクから割安感はないとの判断。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ディップ---急落、求人広告需要の低迷長期化見込み国内証券が目標株価下げ