午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円80銭台で推移。8時50分に発表された11月の機械受注は前月比1.5%増となり、市場予想の6.5%減を上回った。なお、前年比で11.3%減となる。

一方、東京株式市場は日経平均が122.05円高と寄り付きから上げ幅を拡大している。寄り付き前に発表された機械受注が市場予想を上回ったことが好感されているようだ。また、米当局がアリババへの投資を禁止しない決定をしたとのニュースでソフトバンクG<9984>が上昇していることも相場を下支えしているようだ。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:1ドル103円80銭台、11月機械受注は好調