【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216124&id=bodyimage1

対象ページご紹介
https://www.3scom.com/mask/


<アマビエシールを貼れば、何でも実は「感染予防対策品」になる不思議な効果>

アマビエは疫病退散のシンボルモデルとして一番認知されているキャラクターです。このキャラクターを生かしたオリジナル品は多数がありますが、記念品や販促品では全くありません。
そこで、企業向けの記念品を販売している株式会社スリーズコム運営の「記念品ストアー」では、独自にアマビエシールを1万個用意し、5月29日から配布開始しました。

特に衛生用品などは、商品自体がもともと医療向け対応品が多いため、販促グッズとして展開しずらくなっております。こうした中、例えばマスクなどでも、パッケージにシールを貼ることで、すぐに販促品として展開可能です。

6月からの緊急事態宣言解除で、一気に企業活動が本格化します。

何を配布して、お客様とのコミュニケーションを円滑にし、対応するのか販促担当者は悩むと思いますが、ぜひ、この機会にご活用下さい。




<シール代金は0円。ただし、法人のみで購入個数分のプレゼント。まずは1万枚分>

他店では、シール代金が有料ですが、記念品ストアーでは「無料」です。
これには、シール自体を貼る作業は全てお客様負担であり、貼る作業は一切しません。また、プレゼントするシールは全て購入した記念品の個数分だけの枚数プレゼントであるため、売れるだけでも運営側は良いのです。
このためシール代金が0円でもプラスとなると判断しました。

このため、0円負担であれば、お気軽に感染予防対策品として、どの記念品でも対応でき、全く売れない記念品が売れるチャンスとなるため0円でも十分プラス効果が運営側に期待できるからです。




<令和グッズで培った「シール販促」の令和シール>

もともとの発想は、1年前の令和元年の「令和グッズ」製作になります。お祝いムードであった令和元年の4月。どこを探しても令和グッズがありません。そこでひらめいたのが「令和」と印刷されたシールを記念品に貼っただけの「令和グッズ」です。
これが爆発的に企業様のお祝い記念品として売れました。このノウハウで、今回のコロナ騒動の中、自粛ムードで経済が停滞している中で、いきなり感染予防対策品など製作出来ませんので、シールで対応しております。




【スリーズコムとは】
埼玉県川越市で2001年に創業。企業向けのネット通販で、周年記念品や卒業記念品などを販売。専門店「記念品ストアー」にて販売中。従業員3人の零細企業。




配信元企業:株式会社スリーズコム
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「アマビエシール無料配布スタート。感染予防対策品購入のお客様なら購入個数分をプレゼント開始