すでに100万人に影響をもたらしたエドテックのリーダーが、地域全体のスキル・ギャップを埋める助けとなる実証済みのアプローチと共に世界に進出

印ムンバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インド最大のオンライン高等教育企業のupGradが、アジア太平洋の最高経営責任者(CEO)にズービン・ガンデビアを任命し、同地域全体で存在感を高めていく意志を示しました。



敬意を集めるエンターテインメント業界リーダーのガンデビアは、直近ではFOXネットワークス・グループ・アジア(ウォルト・ディズニー・カンパニーの一部)でアジア太平洋・中東プレジデントを務めました。この役割においてガンデビアはFOXをアジア第1の有料テレビ・ネットワークへと成長させ、30カ国以上の消費者に主要なメディア・ブランドをもたらしました。急速に変化するエンターテインメント・セクターにおいて、消費者の需要を予測し、デジタル革新を推進すると同時に戦略的なパートナーシップを構築するガンデビアの能力によって、FOXは市場シェアの目覚ましい成長を遂げました。FOXの同地域での先発優位性はガンデビアの功績に数えられ、高解像度(HD)オンデマンド・エンターテインメントと消費者直結のFOX+アプリ(その後Disney+となった)の立ち上げを担いました。

それ以前は、ガンデビアはFOXでアジア太平洋&中東の最高執行責任者として、スターとの重要な合併やESPNスター・スポーツの買収を指揮しました。FOXに入社する前はスターTVネットワークに勤務し、ナショナル ジオグラフィック チャンネルを設立して規模を拡大しました。その前には大学在学中に生まれつきの起業家精神を発揮してインドで最初のケーブル・ネットワークの1つを共同創業し、これは後にインド最大のケーブル・サービス事業者のハスウェイとなりました。

upGradの共同創業者で会長のロニー・スクレバラは、ガンデビアを新しい役割に迎えるにあたって、次のように述べています。「ガンデビアは、成功を収める事業を開始して拡大した羨望に値する実績をもたらします。そのリーダーシップによって私たちが切り開くことができる可能性に心を躍らせています。実績に支えられた信頼されるエドテックのブランドをインドで築いた私たちは現在、さらに多くの人々の未来のキャリアの構築をサポートするためにサービス提供を拡大する計画を備え、成長する準備ができています。そしてガンデビアは私たちがそれを達成することを助ける絶好の立場にあります。ガンデビアは長年培った商業的知識をもたらし、upGradの価値とぴったり一致する生涯学習への情熱を持った実績ある変革者です。ガンデビアの戦略的パートナーシップの構築における経歴とデジタル・コンテンツ配信への強い関心は、アジアでの当社の拡大の重要な加速要因となるでしょう。upGradを通じて10億人の人々と関係を持つという私たちのビジョンの実現に向けて、ガンデビアと協力していくことを楽しみにしています。」

ガンデビアは同地域の多くの国・地域が直面する雇用と能力向上の課題に対処することを目指し、アジア太平洋(APAC)全体でupGradの拡大計画を主導していきます。各国が失業率の上昇への対応策として新しいデジタルスキルとインダストリー4.0のスキルへ軸足を移そうとする中、upGradは政府、大学、企業との協力を通じてローカライズされたオンライン講座を設立し、何千人もの人々のキャリアの展望を後押ししようとしています。

upGradのAPAC最高経営責任者に就任したズービン・ガンデビアは、次のように述べています。「WEFは、2025年までに約8500万人が職を失うと予想しています。一方で、同じ期間に9700万件の新しい雇用が創出され、非常に異なるスキルが必要になると見られます。人々に迅速かつ大規模に新しいスキルを習得させることができなければ、数百万人が仕事を追われる可能性があります。この課題に真っ向から立ち向かい、それによって数百万人の生活を本当に改善しようとするならば、新しいテクノロジーと、政府、産業界、学界の間のパートナーシップに向けた斬新なアプローチが必要とされます。」

「職業人生を通じて新しいスキルを習得し続けることを容易にし、個人と社会に利益をもたらす助けとなるこの変革に参加することを楽しみにしています。upGradに特に魅力を感じたのは、エンターテインメントの世界と同じように学習者の体験を創造的で接続性が高く、インタラクティブで没入型のものにしようというその起業家的アプローチと非常に強い熱意でした」と、ガンデビアは述べています。

ズービン・ガンデビアは2021年1月から新しい役割を担い、香港を拠点とします。

upGradについて

upGradは高等教育エドテックの国際的リーダーであり、ディーキン・ビジネススクール(オーストラリア)やデュークCE(米国)、LJMU(英国)、IITマドラス(インド)などの大学と協働し、データ、テクノロジー、経営、アートといった分野で100個を超えるコースを提供しています。

upGradはインド第1のスタートアップ企業であり(リンクトインのトップ・スタートアップ2020)、GSVグローバル・エドテック50のリストに名を連ねています。

詳細情報については、https://www.upgrad.com/?utm_source=PR&utm_medium=PressRelease&utm_campaign=BPR_ALL_ALL_ALL_PR_PressRelease_ZubinCEOupGradAPAC_AsiaPacific_All をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sohini Sen, sohini.sen@upgrad.com

情報提供元:
記事名:「upGradがアジア太平洋の急速な拡大を見据え、ディズニー元幹部のズービン・ガンデビアをアジア太平洋CEOに任命