米マサチューセッツ州ニュートン & イスラエル・ペタフ・ティクバ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- サイバーアーク(NASDAQ:CYBR)は本日、ガートナーの2020年特権アクセス管理のマジック・クアドラント1でリーダーに指名され、実行能力とビジョンの完全性のいずれも2回連続で最高位に位置付けられたことを発表しました。


サイバーアークは、クラウド環境およびハイブリッド環境の全体で、人、アプリケーション、マシンに関連した特権アカウント、認証情報、機密情報を保護できるよう、最も包括的なソリューションを提供しています。サイバーアークは特権アクセス管理の世界的リーダーとして、あらゆる規模の組織がリスクを軽減し、業務効率を向上させ、クラウドデブオプス、プロセス自動化など、最新の技術やインフラを導入して、ビジネスを変革できるようにしています。

サイバーアークのMarianne Budnik最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「この報告書は、特権アクセス管理市場が成熟し続け、導入が加速していることを裏付けています。特権アクセス管理を基盤とするサイバーアークのアイデンティティーセキュリティー戦略は、革新的なソリューション、すなわちダイナミックでしばしば予測不可能なビジネス環境に対処するお客さまの能力を支えながら、既存リソースの最大化と新たなサイバー脅威からの保護を実現するソリューションを提供するものです。」

ガートナー・ピア・インサイツは、企業のIT専門家による検証済みの評価とピアレビューを通じて、顧客体験を記録しています。2020年3月25日現在のサイバーアークのレビューには、下記が含まれます。

「サイバーアークと直接、6年以上にわたり仕事をしてきました。サイバーアークは、私が20年を超えるITキャリアにおいて一緒に仕事をしてきた中で、最高のベンダーです。サイバーアークは、製品とサポートに関して、明確なビジョンを持っており、オープンコミュニケーションを取ってくれます。サイバーアークは特権アクセス管理で業界をリードする素晴らしい製品を提供しています。」(金融業界のITセキュリティーマネジャー)[レビュー全文を読む]

「当社は、当社のアプリケーションにおける機密情報管理のニーズに対応するために、サイバーアーク製品を導入していましたが、当社の研究開チームによる積極的な採用を経て、生産段階とインフラに及びました。このソリューションは当社のすべてのニーズに応えるもので、選択的リモートアクセス管理(ベンダー:Alero)や、ConjurによるIaaSへの移行、企業アプリケーション向けSaaS(クラウド向けPSM)など、今後の予想にも対応しています。」(製造業界の企業IAMプログラム主任、シニアマネジャー)[レビュー全文を読む]

「サイバーアークは、重要な脅威や脆弱性を特定し、何か悪いことが起こる前にそうした脆弱性に確実に対応できるように手助けしてくれます。当社の弱みに対処して、それを克服することは、より予防的な解決策になります。パスワードとセッション管理ソリューションでは管理できなくなった特権アカウントやサービスアカウントのパスワード管理を容易に行えるようになりました。さらに、物理/仮想サーバーへのアクセスをすべて記録できます。このように、今ではすべてが管理されているため、セキュリティーの心配はありません。」(サービス業界のネットワーク/セキュリティーエンジニア)[レビュー全文を読む]

無料のガートナー2020年特権アクセス管理のマジック・クアドラントをダウンロードするには、以下にアクセスしてください。https://lp.cyberark.com/gartner-mq-pam-leader-ja

1 – ガートナー、特権アクセス管理のマジック・クアドラント、フェリックス・ゲートゲンス、Abhyuday Data、マイケル・ケリー、2020年8月4日(Gartner, Magic Quadrant for Privileged Access Management, Felix Gaehtgens, Abhyuday Data, Michael Kelley, 4 August 2020)

ガートナー免責事項について

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー調査組織の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

ガートナー・ピア・インサイツのレビューは、個々のエンドユーザの体験に基づく主観的な意見であり、ガートナー社および提携会社の意見を表すものではありません。

サイバーアークについて

サイバーアーク(NASDAQ:CYBR)は、特権アクセス管理のグローバル・リーダーです。特権アクセス・セキュリティーは、クラウド環境およびハイブリッド環境、デブオプス・パイプラインの至るところで、データやインフラストラクチャーおよび資産を保護するITセキュリティーの極めて重要なレイヤーです。サイバーアークは、業界で最も包括的なソリューションを提供し、特権資格情報と機密情報によって生じるリスクを抑制します。当社は、外部の攻撃者や悪意のある内部者から保護するために、フォーチュン500社の50パーセント以上の企業を含む世界の主要機関から信頼されています。グローバル企業のサイバーアークの本社はイスラエルのペタフ・ティクバにあり、米国本社はマサチューセッツ州ニュートンにあります。また、南北アメリカ、EMEA、アジア太平洋、日本にオフィスを構えています。サイバーアークの詳細については、https://www.cyberark.com/にアクセスいただき、サイバーアークのブログをお読み頂くか、または@CyberArkのツイッター、リンクトインフェイスブックをフォローしてください。

Copyright © 2020 CyberArk Software. All Rights Reserved. その他すべてのブランド名、製品名、商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Relations:
Brian Merrill, fama PR
+1-617-986-5005
cyberark@famapr.com

Alison Parker, CyberArk
+1-617-663-0162
press@cyberark.com

Investor Relations:
Erica Smith, CyberArk
+1-617-630-6426
ir@cyberark.com

情報提供元:
記事名:「サイバーアークがガートナーの2020年特権アクセス管理のマジック・クアドラントでリーダーに指名される