化粧品業界でのエシカル先駆者
米国発のグローバル化粧品ブランドであるアヴェダが、500以上ある製品ラインナップから動物由来成分を排除し、100%ヴィーガンを実現しました。

アヴェダの製品は植物科学を用いて、地球環境に配慮したヘアケア、スキンケア、ボディケア製品を開発し、化粧品ブランドの中でも一早く再生可能エネルギーを活用し、風力発電や太陽光発電を用いて製品を製造しています。

地球を守ることがミッション
同社は「製品づくりから社会還元まですべての活動を通して、命あふれる私たちの地球を大切に守り続けること」 を使命として動物実験を行わず、ハチミツやミツロウ由来の成分を除いては植物由来の成分のみを使って製品を製造してきました。

動物性成分や動物由来成分を一切使用しないことが、ヴィーガン製品の定義です。

100%ヴィーガンを実現するには、ミツロウやハチミツだけではなく、絹、ケラチン、グリセリンや、動物由来のスクワレン、ラノリン、コラーゲン、カルミンなどを含むことも許されません。

特にミツロウは、成分から排除することが難しく、アヴェダでは代替成分として植物由来のバター類やワックス類を使った独自のブレンドの開発を重ねてきました。

同社は独自のアロマを維持しながら、ミツロウを代替成分に切り替えるため、3年以上の時間を費やしこの目標を達成したのです。

アヴェダの製品は世界45カ国、9,000店以上の取扱店と公式オンラインショップで購入が可能です。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※アヴェダ 公式サイト
https://www.aveda.jp/vegan-beauty-products

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「クリーンビューティーを牽引するアヴェダ、製品を100%ヴィーガンに!