■これから旬を迎えるみかん

 

寒くなってくるこれからの季節、食べごろを迎えるみかん。農林水産省によると、温州みかんの旬は、11月~12月ごろなのだとか。

 

こたつに入ってみかんを食べる、あのほっとする時間は、日本の冬の風物詩となっていますよね。

 

しかし、たまに酸っぱいものにあたってしまうことってありませんか?

 

そんな時に役立つ雑学をご紹介します!

 

 

■酸っぱいみかんは「〇〇」すればOK!?

 

酸っぱいみかんを手っ取り早く甘くするには、「お手玉」するのが最適だと言われています。

 

実は、みかんは衝撃や振動に弱く、ちょっとした衝撃でも内部に変化が起こりやすいのだとか。

 

お手玉によってみかんに衝撃が加わると、酸味のもとになっている「クエン酸」が、みかんについた傷の修復に消費されるため、結果として酸っぱさが減り、相対的に甘さが増します。

 

実際、味覚センサーを用いた調査でも、甘みが増し、酸味が減っていたということで、効果はお墨付きです!

 

ただ、一度衝撃を受けると、細胞が脆くなって腐りやすくなるため、お手玉をした後はすぐに食べるようにしましょう!

 

出典:日本「生活雑学」研究会, <生活雑学>324 知って得する知恵の宝庫, 三笠書房, 2004

 

▶ 「全身が天才」どこを切り取っても可愛すぎる3頭身の子どもの写真に癒される人続出
▶ 13歳のときにラジオ修理業を立ち上げた!? 音響機器メーカー「BOSE」創業者が残した伝説とは
▶ 【恐怖】帰宅した瞬間、母から家に引っ張り込まれた女の子、その理由が恐ろしすぎる…

情報提供元:citrus
記事名:「酸っぱいみかんは「お手玉」すれば甘くなる!?その理由とは…