■ドラえもんに出てくるたくさんのひみつ道具! 使い方次第では悪用も?!

 

みなさんご存じドラえもん。いつもいつも、のび太が泣きついては、ドラえもんがポケットからひみつ道具を出して助けてくれます! そんなドラえもんのひみつ道具のなかでは「どこでもドア」や「タケコプター」などが有名ですが、マイナーなひみつ道具も多々あります。今回はそんなひみつ道具の中で、使い方次第では悪いこともできそうなものをいくつか選んでまとめました!

 

 

■犯罪でも…かざせば何でも許される「悪魔のパスポート」

 

マンガを買いたいとおこづかいの前借りを頼んだものの、ママに断られて逆上したのび太が、ドラえもんのポケットを漁って取り出した道具が「悪魔のパスポート」。これは、ドラえもんでさえも、使うことを止めようとしたひみつ道具でした。

 

パスポート状のものに悪魔の顔がデザインされているこのひみつ道具は、かざすだけで、どんな悪行も許されてしまうという恐ろしい代物。なので、これを目の前に出されたドラえもんは、持ち出しを許可してしまったのです。

 

さっそくジャイアンを殴ったり、しずかちゃんのスカートをめくったりと悪行三昧をしたのび太は、欲しかったマンガも盗んで読んでいたのですが……さすがに良心の呵責にさいなまれて内容が入ってこない様子。結局、お金を払うことにしたのび太は、悪事を働いても良いことはないと実感したようでした。

 

 

■名前を呼べばぶつかってくれる「自動ぶんなぐりガス」

 

「自動ぶんなぐりガス」というひみつ道具は、これを何かに吹き付けて殴りたい相手の名前を言うと、その相手がひとりでに歩いて行って、ガスが吹き付けられたものに激突してしまうという効果を持っています。また、遠くからマイクを使って名前を叫んでも、同じ効果を得ることができます。

 

ジャイアンに殴られたのび太は、仕返しのため、電柱にガスを吹き付けて名前を呼びます。すると、ジャイアンは電柱に引き寄せられて激突。これに気を良くしたのび太は、仕返ししたい相手の名前を、ドラえもんが取り出したマイクを使って叫びまくって、痛みを与えまくりました。

 

しかし、話はそれで終わりません。のび太はマイクを落としてしまいます。のび太がマイクを持っているところを見ていたしずかちゃんは、効果を知らないままマイクを拾ってのび太の名前を呼んでしまい……のび太が電柱にぶん殴られるというオチが付きました。

 

 

■相手の感情を変えちゃう「ゲラメソプンピストル」

 

おもちゃのピストルで、しずかちゃんと的当てをして遊んでいたところ、そこにやってきたジャイアンに取り上げられてしまったのび太。いつものようにドラえもんに泣きついて、出してもらったひみつ道具が「ゲラメソプンピストル」です。

 

この道具に込められるのは、笑い弾、泣き弾、怒り弾という3種類の銃弾。これを命中させれば、弾の種類にあった感情に、相手を変えることができます。射撃が上手いことで知られているのび太、これを使って大活躍するかと思いきや……このお話のなかでは、なぜか的を外しまくり。

 

物語の終盤、ジャイアンが、奪ったピストルで他の友達をいじめていることを聞きつけたのび太は、道具に残っていた最後の弾を発射しましたが、これがジャイアンではなく、いじめられている子に当たってしまいます。…しかし、それは怒り弾だったため結果オーライ! ジャイアンは逆襲されてしまいました。

情報提供元:citrus
記事名:「【ドラえもん】使い方次第ではとっても危険?! マイナーなひみつ道具まとめ