待望のリニューアルオープン
2020年8月7日(金)、東京・銀座の「ファンケル 銀座スクエア」が、リニューアルして全フロアグランドオープン。今回のリニューアルでは新たに最先端のデジタル機器や映像コンテンツなどを取り入れ、“新しい美や健康の可能性”を発見できる場として生まれ変わった。

ビル全体で美と健康をサポート
「ファンケル 銀座スクエア」は、地上10階地下1階の大型店舗で、ファンケルグループの旗艦店としてワンランク上のサービスを提供している。1階から4階まではファンケルグループブランドの健康・美容食品を幅広く取り揃え、免税にも対応。海外からの顧客を想定し多言語に対応可能なスタッフを配置している。

また5階、6階はパーソナルカウンセリングフロア、7階には最先端のデジタル機器を使用できる「ファンケル 元気ステーション」、8階から10階には美と健康をテーマにした飲食店やイベントスペースを配置するなど、1日自身の身体に向き合うことができる。

楽しく遊んで健康作り
特に注目したいのは、“楽しく生きる、健康100年時代”をコンセプトとした新フロア「ファンケル 元気ステーション」。同フロアでは健康作りをサポートする6種類のデジタルコンテンツを、無料で体験することができる。

例えば足の筋力やバランス感覚をチェックできる片足立ち測定「FLAMIN-GO」や、クイズ形式で食事や栄養について学べる「SHOKU-TAQ」など、いずれもゲーム感覚で楽しめるものばかりだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ファンケルのプレスリリース
https://www.fancl.jp/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「最先端コンテンツを導入!「ファンケル 銀座スクエア」がグランドオープン