A9e49ce419cf3132

キャンドゥの保冷できるドリンクボトルは、中の筒に水をいれて凍らせるだけで使うことができるので、ちょっとした夏のお出かけにぴったり!使い心地や保冷時間などを実際に購入して試してみました。

キャンドゥの保冷ボトルは、氷でドリンクが薄まらないタイプ

ドリンクボトルにはさまざまな商品がありますが、氷を直接入れるタイプだと飲み物が薄まってしまいますよね。キャンドゥで購入したこちらの商品は、保冷剤代わりの筒を凍らせてボトルにセットできるようになっているので、飲み物が薄まることなく最後まで飲むことができます。

1537a83180085e5c

保冷剤の役割を果たしてくれるのが、この筒状の入れ物。中に水を入れて凍らせ、ボトルにセットします。ドリンクボトルの容量は約400mlで、ちょっとしたおでかけに持っていくのにちょうど良いサイズ感です。

使ってみた!

実際に保冷ボトルを使ってみました。

保冷剤を凍らせるのにかかる時間は約4時間

家庭用の冷凍庫で4時間ほどで凍りました。横に寝かせて冷凍庫に入れましたが水が漏れることもありませんでした。

気になる保冷時間は?

どのくらいの時間、冷たい状態を保てるのか屋内外で試してみました。

屋内(気温25度)

A9279a2c1f902f46

空調が入っている25度前後の室内で使ってみると、1時間ほどは冷蔵庫から出したてくらいの冷たさを感じました!

その後も2時間くらいは、常温で飲むよりは冷たい温度で飲むことができましたよ。

屋外(気温30度前後)なら約30分

7f55fdd92eb28dec

一方、夏の日のおでかけにも持っていってみたところ、すぐに結露し始め、冷蔵庫から出したくらいの冷たさで飲めたのは30分ほどでした。ボトル自体がコンパクトな分、暑い日の長時間の保冷は難しいかもしれません。それでも、その後も1時間ちょっとは常温で飲むより冷たく飲むことができました!

使ってみてよかったポイント

氷を入れずに使えるので、最後までドリンクが薄まらずに飲むことができるのはうれしいです。また、部品がシンプルなので洗いやすく衛生的でした。飲み口が大きくないのでギリギリではありますが、ボトルの底まで普通のスポンジで洗うことができます。

41687d9beaa50a0e

使ってみて惜しかったポイント

ボトルの1番下までは中の筒が届かないので、最後の方になると保冷効果が得られなくなります。また、水滴がつきやすいため、かばんの中にそのまま入れると濡れてしまいます。外に持って行くときは、タオル等で巻いて使ったほうがよさそうですね!

Aff1b7d2dca36de4

屋内利用や短時間の外出に持っていくのがおすすめ

ボトルには蓋がついているので、小さなお子さんがいる屋内でも安心して使えますし、暑い日のちょっとした外出に持って行くのもおすすめです!保冷剤を凍らせておけばすぐに使うことができるので、ひとつ持っておくと便利なアイテムです。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「キャンドゥの保冷できるドリンクボトルが夏のお出かけに大活躍!