サントリー食品インターナショナルは、大切な職場コミュニケーションの1つである“雑談”が、リモートワークの普及により減少していることを受け、働く人すべての多様なワークスタイルに寄り添う 「クラフトボス」にて、リモート会議中でも自然と雑談を生み出せる「ザツダンマシーン」を開発し、10月1日(木)の本日 “コーヒーの日” を皮切りに、このマシーンをプレゼントするキャンペーンを実施する。

コロナウィルスの影響で、在宅勤務・リモート会議が増加する中で、相対的に減ってしまったと言われている雑談。「新しいビジネスの面白いアイデアは、ふとした雑談から生まれることが多い」ことから、最近では、「フィーカ」と呼ばれる、あえて目的を設定しない社内の「公式雑談タイム」を設ける企業も増えているようだ。

まさに、筆者も昨今の状況でリモートワーカーの仲間入りをしている当人として見過ごせないネタだ。

リモートワーク経験者に対して雑談に関する調査を実施したところ、79%が「会議には雑談が必要」と考えている一方で、71%が「雑談が以前よりも減ってしまった」と考えていることが分かり、仕事をする上で重要だと考えられている雑談が減っていることは明らかだ。これはリモートワークが普及してきた現代ならではの意外な「社会課題」だと言えるだろう。

そこで今回サントリーの「クラフトボス」が、雑談を生み出し、リモート会議の風通しを良くする「ザツダンマシーン」を開発するに至ったとの事。この「ザツダンマシーン」は、コミュニケーション改善のプロ、沢渡あまね氏が監修した8個の雑談のお題が書かれており、扇風機の矢印が止まった所のお題についてチーム全員で雑談ができるという設計になっているとの事。

この「ザツダンマシーン」構想期間約5ヶ月の超大作で、連日リモート会議を重ねに重ね、「リモート会議中の壁に貼る雑学ポスター」とか「雑談ネタが出てくるガチャ」とか、いくつものプロダクトを試作・実験してきたというから笑ってはいけないが、担当者の本気度が伺える。監修者の沢渡あまね氏も「「そう来たか!やられた!」と笑ってしまいました。扇風機で「風通しをよくする」というダジャレ的なセンスも個人的にツボですね(笑)。」とコメントしている。

この「ザツダンマシーン」が抽選で2名に当たるキャンペーンを実施するが、「クラフトボス」Twitter公式アカウントでは誰でも使える「ザツダンマシーン(GIFバージョン)」も用意してあるという事なので、惜しくも外れてしまった人も楽しむ事が出来るようだ。

これは面白い朗報だ!リモートワークでのコミュニケーション不足で悩む諸君!この機会に是非応募してみよう。


【キャンペーン概要】
■キャンペーン名:ザツダンマシーン当たる!キャンペーン
■キャンペーンサイト:https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/zatsudan
■期間:2020年10月1日(木)10:00~2020年10月15日(木)23:59
■賞品:「ザツダンマシーン」(サイズ:幅745mm×奥行300mm×高さ1080mm)
※扇風機本体はシロカ株式会社のSF-L251-Wです。
詳しくはHP(https://www.siroca.co.jp/living/dclivingfan/index.html)をご覧ください。
■当選者数: 2名様
■参加方法:①「クラフトボス」Twitter公式アカウント(@_craftboss)をフォロー
②公式アカウントから投稿されたキャンペーン告知ツイートをリツイート
③抽選で2名様に当たります。

 

The post “雑談”が消えた!?リモートワークの意外な問題点を解決してくれるマシーンが登場! first appeared on YESNEWS | 超肯定的ニュースサイト.

情報提供元:YESNEWS
記事名:「“雑談”が消えた!?リモートワークの意外な問題点を解決してくれるマシーンが登場!