11月12日、週刊女性PRIMEに
『鬼滅の刃』に主演声優がウンザリ、関連取材NGで「天狗になっている」の声
という記事が掲載された。現在劇場版が記録的なヒットとなっているアニメ「鬼滅の刃」で主人公・竈門炭治郎役を演じている花江夏樹さんに取材依頼が殺到しており、花江さん側が取材に条件をつけるなどしている、という内容。

マスコミ対応の“型”も覚えるといいかもね。

と記事は結んでいる。

SNSでは「花江くんに失礼」「マスコミの方が天狗」等の意見が散見され、『週刊女性PRIME』の記事告知ツイートには批判の声が多数寄せられていたようだ。


「花江くん」というワードがTwitterのトレンド入りする中、当の花江さんはTwitterにて

おいしいなぁ

とツイートし、テングのビーフジャーキー画像をアップした。
なんともユーモアあふれるツイート、反響を呼び多くのリツイートや「いいね」を集める。同じく声優の小野賢章さんは

間違いなく天狗

と返信、花江さんはそれに対しウインクした顔の絵文字で返信していた。それらの返信ツイートも、やはり反響を呼んでいたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「花江夏樹さん「おいしいなぁ」とテングのジャーキー画像を投稿し小野賢章さん「間違いなく天狗」 週刊女性に「天狗になっている」記事