デオドラント剤とは?

夏は汗が気になる季節です。特にワキは汗をかきやすく、嫌なニオイが気になるという人もいるのでは!? ワキ汗対策にはやっぱり、手軽なのは体臭ケア用品“デオドラント剤”ですよね。
そこで、数あるデオドラント剤の中から、おすすめのアイテムをピックアップしました。汗をかいても快適&清潔な夏を過ごしましょう。

発汗後の匂いに効く「デオドラント剤」

はじめに、デオドラント剤について説明しておきます。デオドラントは雑菌の繁殖を防いで、体臭や汗のニオイを抑えるものです。汗をかくとニオイがきつくなるので、汗がクサイと思っている人もいるかもしれませんが、かいたばかりの汗はほぼ無臭です。
では、なぜ汗がニオイを発するようになるのでしょうか? 汗は皮膚表面の汚れと混ざることで、菌が増殖します。この菌が汗や皮膚の汚れを分解する時に、ニオイの物質を発生します。これが体臭になるのです。菌が繁殖しやすいワキなどは特に臭いやすいので、デオドラント剤でケアしましょう。

デオドラント剤の種類

デオドラント剤には様々な種類があります。それぞれの特徴もまとめましたので、商品を選ぶ時の参考にしてみてください。

・スプレータイプ
・シートタイプ
・ロールオンタイプ
・スティックタイプ
・クリームタイプ
・ジェルタイプ
・パウダータイプ

広範囲に使えるスプレータイプは、ひんやり冷たいミストが噴射されます。外出時でも汗を拭き取りやすいのは、シートタイプです。液状のロールオンタイプ、固形のスティックタイプは直接肌に塗るので、高い効果が期待できます。クリームタイプやジェルタイプも直接肌に塗り込むタイプで、肌によく密着します。パウダータイプは広範囲に塗れて、サラサラとした使い心地です。

2020年! この夏おすすめのデオドラント剤5選

それでは、嫌なニオイを防ぐ最強のデオドラント剤をご紹介します。

①エージーデオ24『プレミアム デオドラントスプレーDX(無香料)』

40g・180g /オープン価格

ニオイ菌を集中殺菌するIPMP(イソプロピルメチルフェノール) など、3つの有効成分配合で、全身の汗の臭いと体臭を防ぎます。汗臭に加え、ストレス臭と加齢臭まで目立たなくするプレミアム処方。高密度のスプレーがすき間なく肌に密着して、ニオイをしっかり防ぎます。

②ビオレ『さらさらパウダーシート 薬用デオドラント 無香料』

携帯用10枚入り・BOXタイプ36枚入り・つめかえ用36枚入り/オープン価格

時間がない時でも手軽に使える、シートタイプのデオドラント剤です。厚手のシートだから、1枚で全身をふくことができます。有効成分「イソプロピルメチルフェノール」配合。殺菌成分が密着して、ニオイをもとからカットします。「透明さらさらパウダー(基剤)」も配合。サラサラ肌が長時間続きます。

③DEOCO(デオコ)『薬用デオドラントロールオン』

30mL/900円(税抜)

直接肌に塗れる、ロールオンタイプのデオドラント剤です。殺菌成分がニオイの原因菌を殺菌して、汗臭を防ぎます。白泥(吸着剤)が皮脂を吸収するので、汗をかいてもサラサラ肌が続きます。甘くて女性らしい、スウィートフローラルの香りです。うるおい成分「ビタミンC誘導体」も配合されています。

④デオナチュレ『薬用さらさらクリーム』

45g/980円(税抜)

指で直接肌に塗る、クリームタイプのデオドラント剤です。2020年1月にリニューアルして、防臭効果とサラサラ感がアップしました!有効成分「焼ミョウバン」が肌に密着し、ニオイを元から防いで汗を抑えます。ベタつき防止成分も配合。さらさら快適な使用感が続きます。

⑤デオナチュレ『さらさらデオドラントパウダー』

7g・15g(オープン価格)

デオナチュレからは、パウダータイプのデオドラント剤も発売中!汗や皮脂を吸収して長時間ベタつかない「皮脂吸収パウダー」が配合されています。クリーム同様、有効成分「焼ミョウバン」も入っています。敏感肌にも安心のアルコールフリーです。

終わりに

汗をかいて菌が繁殖すると、嫌なニオイが発生します。汗をかく前にデオドラント剤を使って、暑い夏も清潔に過ごしませんか!?

情報提供元:女美会
記事名:「【2020年夏】ワキのニオイ対策におすすめのデオドラント剤5選