じいちゃんのチューバの音色に誘われて、肩にのりのり楽器にスリスリ じいちゃんの両手が塞がってやりたい放題に甘えられるシチューションの到来であります。 楽器を演奏中に止めに入る猫が多く見受けられるなか、吹けば吹くほどに甘えたいゲージが高まりゆく、かわいい仕草の茶白猫の様子をどうぞ。
動画ののっけからチューバを演奏するじいちゃんの頭に顔をすり寄せ、スリスリモード満点の茶白猫。ほどよく空いたチューバと胸と腕の間の隙間、そして何をしても手出しできない環境が合いまって、演奏する側の都合はそっちのけで肩に上り、チューバにスリスリ。まさにこのチャンスを逃すまじ逃すまじ逃すまじ我らの夏よ気分真っ盛りであります。 落ち着く位置取りを探し続けて約2分、じいちゃんの左肩に腹を乗せたまま、お尻はチューバの縁に当て、低音によるバイブレーションを余すところなく尻から受けられるポジションを発見。じいちゃんを独り占めしながらカメラに見せるドヤ顔からは、チューバの音にも負けない鼻息が聞こえてきそうであります。 [This Cat loves the Tuba/YouTube]

【関連記事】
読みかけのページの上にひょっこりと、猫が顔出す栞の作り方
2匹の猫のシンクロナイズドバードウォッチ、シッポも首も同じ角度に
目の前のすべてが気になるお年頃、子猫は手を出す犬の舌にも

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「じいちゃんのチューバの音色に誘われて、肩にのりのり楽器にスリスリ