image:秒刊SUNDAY

現在も人気連載中のギャンブル漫画「カイジ」。現在も緊張の逃走劇が描かれています。同作品では藤原竜也さんがカイジ役を熱演し、劇場版も大ヒットとなりました。スピンオフ作品になる「ハンチョウ」「トネガワ」も絶妙な心理描写が人気を博し大きな話題となりました。どの作品にも関連する存在といえば「帝愛グループ」ですが、ネット上で入社受付エントリーを募集しています。

あの「帝愛」が入社エントリー受付を開始

帝愛グループでは11日から21日までの間、入社受付エントリーを行なっています。作り込まれた特設ページだけでも、ファンならば一見の価値があります。

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

公式ページ内には同作品らしく「会長からの挨拶」「会社概要」などの項目も作り込まれています。利根川からのメッセージには「金は命より重い」の名言も。

採用されると内定証書がもらえる

image:秒刊SUNDAY

今回の入社エントリーはTwitterを利用する形式となります。合格者は30名のみに絞られることとなり、「帝愛ファイナンス株式会社 内定証書」が貰えます。

また不合格であった場合にも利根川から励ましのメッセージが送られるそうです。一体どんな内容なのか、ファンとしては気になるところですね。

実際にエントリーしてみた

せっかくなので、実際に自身のアカウントを使ってエントリーしてみました。手順は非常に簡単です。

image:秒刊SUNDAY

まず、サイト内に記載のある講談社コミックプラス(@ComicPlus)公式アカウントをフォローします。

image:秒刊SUNDAY

サイト内の「ツイートしてエントリー」ボタンをタップし、ツイートします。エントリーに関する操作はたったこれだけです。

なお、合否の連絡については

帝愛グループ最高幹部・利根川幸雄からの合格通知リプライが送信される。同時に「帝愛ファイナンス株式会社 内定証書」の送付先入力フォームのURLがダイレクトメッセージで送られる。
不合格の場合も利根川幸雄からの「励ましのメッセージ(?)」がリプライで送られる。

引用:講談社コミックプラス

とのことなので、後はメッセージを待つだけです。原作ファンであれば貴重な内定証書、利根川からのメッセージのいずれになっても美味しいのではないでしょうか。

カイジの鉄骨渡りの再現のような動画も以前話題になりました。ファン間では人気のある「帝愛グループ」、一員となりたい人はこの機会にエントリーしてみてはどうでしょう。

source:講談社コミックプラス 「帝愛グループ」Twitterでの入社エントリー受付を開始

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「カイジの帝愛が入社エントリー受付中。実際に応募してみた結果