image:秒刊SUNDAY

みなさんは滋賀県といえば何を思い出すでしょうか。琵琶湖は当然として、彦根城やひこにゃんを思い出される方も多いかと思います。食べ物でも近江牛や鮒ずしなどがありますが、「サラダパン」なるパンが人気なのをご存じでしょうか。滋賀県民のソウルフードと言っても過言ではない「サラダパン」を完全再現してみます。

「サラダパン」ってなんだろう?

「サラダパン」とは、コッペパンにマヨネーズで味付けした細切りたくあんを加えた総菜パン。諸説あるので確実な情報ではありませんが、最初はキャベツを使ったコールスローサラダを使っており、キャベツの水分でパンがべちゃべちゃになってしまったのでたくあんに変えたのではないかという説が有力です。

筆者は以前勤めていた会社の同僚である滋賀県民の方からお土産でいただいたことがあるのですが、20年以上前のことで味をハッキリとは覚えていません・・・さて、材料はどうしようかという問題が浮上しました。

と思いきや、原材料をツイッターに投稿されている方がいらっしゃいました!これはありがたい!こちらを参考に作ってみたいと思います。

「サラダパン」を1分で完全再現!

まずは材料から。

「サラダパン」材料(2本分)

・コッペパン 2本

・細切りたくあん 60g(量はお好みで)

・マヨネーズ、マーガリン、胡椒、塩、砂糖 適量

コッペパンとたくあん以外はどこの家庭にも常備してあるものですね。コッペパンはノーマルと全粒粉の2種類用意してみました。

まずは細切りたくあんにマヨネーズ、胡椒、塩、砂糖を入れてよーく混ぜます。塩と砂糖はほんの「ひとつまみ」です。

よーく混ぜたら、マーガリンを薄く塗ったコッペパンに挟むだけ!

本当にこれだけ!たったの30秒で完成です!

全粒粉コッペパンにも同じように細切りたくあんを挟んでみました。なんとここまで調理時間1分!

出来上がった「サラダパン」を実食してみます!

それでは、早速食べてみましょう!いっただきまーす!!もぐもぐもぐ、パリパリパリ。おー、たくあんがマヨネーズでコーティングされてマイルドな塩気と酸味でおいしーい!具がシンプルな分、コッペパンの自然な甘みを感じられて、全体的に優しい味に仕上がっています!たくあんとパンが合うかどうか心配でしたが、間違いなくアリです!

全粒粉パンも同じように作って食べてみましたが、正直それほど味の違いは感じられませんでした。ノーマルのコッペパンに比べるとほんの少し香ばしいくらいですね。

正直「本物」をいただいたのが20年以上前のことなので完全再現出来たかどうかは不明ですが、作り方が間違ってなければこれは本当美味しいです!いつか本物をもう一度食べてみたいなぁ。今回もおいしく出来ました!ごちそうさまでしたー!!

ちなみに筆者にとっての滋賀県と言えば、断然プロレスラーの「安納サオリ」選手!ルックスはもちろん、試合内容も負けん気の強さも超一流なので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

更に滋賀県と言って忘れてはいけないのは、T.M.Revolution/西川貴教さんですよね!彼の結婚にも驚かされましたが、実はあと10日足らずで50歳になられるというのは本当に驚きです!サラダパンを食べれば西川さんのようにいつまでも若々しくいられるのでしょうか。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「滋賀県民のソウルフード、サラダパンを1分で完全再現してみた