image:秒刊SUNDAY

無印良品はシンプルなデザインのファッションや家具、小物など様々な物が揃っているので愛用している人も多いと思います。少し前には、オリジナルの洗えるマスクを発売したことで、さらに利用者は増えたことでしょう。そんな中無料で水を提供するサービスがひっそりと始まっていたことを知っているでしょうか。

無印良品が給水サービスを開始

無印良品の一部の店舗では給水サービスが実施されており、水を詰める専用のボトルを販売しています。専用ボトルではなく、自分のもっているマイボトルにも給水できるため良心的なサービスですね。

無印良品の水を給水してみた

image:秒刊SUNDAY

無印良品へやってきました。ドリンクコーナーへ行くと噂の「自分で詰める水のボトル」が売っていました。給水ありきの商品なので、空のペットボトルが冷やされているなんともシュールな光景です。

image:秒刊SUNDAY

大きく書かれた「水」の文字がなんとも言えないシュールさを感じます。大きさは掌サイズで、平べったい形です。容量も330mlなので、そこそこな水を詰められます。

image:秒刊SUNDAY

ここが給水ポイントです。さすが無印良品、白を基調としたシンプルなデザインです。

image:秒刊SUNDAY

ボトルをセットしてみますが、給水口との距離が離れ過ぎているように感じます。これで給水をすると水が溢れないか不安です。

image:秒刊SUNDAY

少々不安を感じながらボタンを押すと、何事もなくちゃんと給水することができました。

image:秒刊SUNDAY

水の勢いは強めで、狙った箇所に一直線上に水が入っていくため、よほど吸水口が狭くない限りは水を溢す心配はないでしょう。

image:秒刊SUNDAY

無事に無印良品の水をゲットすることができました。これから喉が渇いた時には、無印良品へ来れば良いですね。

無印水でコーヒーを淹れてみた

秒刊SUNDAY

こちらの無印良品の水ですが、水道水とはどれほどの味の差があるのか、コーヒーを作って比べてみたいと思います。

image:秒刊SUNDAY

同じく無印良品ブランドのコーヒーを使っていきましょう。

image:秒刊SUNDAY

やはりドリップ式だとコーヒーを淹れている感が一気に出てきますね。

image:秒刊SUNDAY

沸かしたお湯を注いで行きます。

image:秒刊SUNDAY

左:水道水、右:無印良品水

2つのコーヒーが出来上がりました。見た目にはさほど差を感じません。早速飲んでみると、無印良品の水で淹れたコーヒーの方が香りが強い・・・なんてことはなくどちらも筆者の舌では全く同じだとしか思えない結果になりました。

水道水の浄水技術が優れているのか、無印良品の水が優れているのかは定かではないですが、少なくとも渇いた喉を潤すには打ってつけのものなので、皆さんも無印良品で給水ポイントを見かけたら利用してみてはいかがでしょうか。

無印良品といえば、ここで販売されるコオロギせんべいが24年前にあるゲームで予言されていたと話題に

source:無印良品

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「無印良品のマイボトルに無料で水を汲める神サービスを利用してみた