はじめに

小田急線の東北沢駅から世田谷代田駅の地下化にともない、その跡地に誕生する全長1.7キロの新しい街「下北線路街」。その開発のひとつとして隣接する敷地に温泉旅館がニューオープン! 都心に居ながらにして、温泉旅館の安らぎを感じられる「由縁別邸 代田」で日本文化を再発見しませんか? 「由縁別邸 代田」オープン!

「由縁別邸 代田」オープン!

小田急線の地下化にともなって誕生する新しい街「下北線路街」。商業施設やイベントスペース、学生寮や保育園などが開業予定のこのエリアに、温泉旅館「由縁別邸 代田」が、本日2020年9月28日(月)オープン! 10月12日(月)からは日帰り利用も可能になり、近隣の方も気軽に利用できるスポットとなりそうです。

新宿駅や渋谷駅からたった数駅、代田駅に隣接する敷地に建てられた旅館の中は、山里の温泉旅館のような優しい雰囲気が漂います。日々の喧噪を忘れ、歴史ある日本家屋や緑が残る館内で、ゆるりとした時間を過ごせるこの旅館の魅力をいくつかご紹介しましょう。
和の情緒たっぷりの客室

和の情緒たっぷりの客室

客室は全部で7タイプ35室。どのお部屋も板間、畳間、そして窓際には広縁があり、昔ながらの温泉旅館を彷彿とさせる空間構成で、日本人はどこか懐かしさを感じ、海外の方は日本文化を体感できるお部屋になっています。

露天風呂付きの客室や、庭付きの客室、プレミアムルーム付きの客室、メゾネットタイプなど、その時々に合わせて部屋をセレクトすれば、東京観光の拠点としても、ちょっとした記念日、デートにも活躍してくれるはず。全室シャワールームが完備されているのも、嬉しいポイントですね。
東京で本物の温泉!

東京で本物の温泉!

東京に居ながら本物の温泉を味わえるのも、この温泉旅館の魅力のひとつ。大浴場にある露天風呂では、箱根の「小田急 山のホテル」から運ばれてくる自家源泉「芦ノ湖温泉 “つつじの湯”」を使用。泉質はアルカリ性単純泉で、美肌効果も期待できます。

さらに、女湯にはオリジナルアロマを使ったミストサウナが、男湯には水風呂とドライサウナを併設。10月12日(月)から開始される日帰り入浴では、飲食とのセットプランが用意されていて、より気軽に温泉を楽しめるようになりそうですね。 割烹と茶房

割烹と茶房

ゆるりと温泉を楽しんだ後は、代田で晩年を過ごした歌人である斎藤茂吉の料理歌集「つきかげ」にちなんだ「割烹 月かげ」で、本格割烹をいただきましょう。日本各地の旬の味をとりそろえた本格割烹に舌鼓を打ち、唎酒師がこだわって選んだ日本産のお酒とのマリアージュを楽しめます。

また、同じ階にある「茶寮 月かげ」では、かつて茶畑が広がり、茶で栄えていた代田エリアの文化を受け継ぎ、割烹の料理長の監修による湯上りにぴったりのお茶メニューを取り揃えています。夜にはバーとしても利用できるので、食後や湯上りのちょっと一杯を楽しむのもおすすめです。

こちらの2店舗も、10月12日(月)から宿泊していなくても利用可能に。温泉以外でも和の雰囲気を味わいたい人はぜひ足を運んでみてくださいね。


◆ 由縁別邸 代田
住所:東京都世田谷区代田2丁目31番26
電話番号:03-5431-3101

おわりに

世田谷代田駅からわずか徒歩1分の所にオープンする温泉旅館「由縁別邸 代田」。街中にいながらにして里山の温泉旅行気分を味わえる癒しの空間で、日々のストレスをデトックスしてみては?

情報提供元:旅色プラス
記事名:「都心に温泉旅館?「下北線路街」内に駅隣接の「由縁別邸 代田」が今日オープン!