【速報】旅行会社のホワイト・ベアーファミリーが民事再生法の適用申請、負債総額351億円超で今年最大

東京商工リサーチによると、旅行会社のホワイト・ベアーファミリーと関連の WBF ホールディングスは、6 月 30 日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、監督命令を受けたことがわかった。負債総額は、351 億円で今年最大規模。

負債についてはホワイト・ベア―ファミリーが債権者約 160 名に対して約 278 億円、WBFホールディングスが債権者約 20 名に対して約 73 億円、2 社合計で約 351 億円超となる。

ホワイト・ベア―ファミリーは、1977 年創業で大阪に本社を置く旅行会社。国内旅行は「しろくまツアー」、海外旅行は「ハッピーホリデー」といったブランドで国内旅行・海外旅行・EC・情報サイトの構築・運営、着地型ツアーの企画・主催等を行っていた。

2020 年 4 月に民事再生を申請した関連会社でホテル運営を手掛ける WBFホテル&リゾーツの負債約 160 億円を上回り、負債総額は今年最大。新型コロナウイルスに関連する倒産としても最大の負債総額となり、旅行業としても過去最大。

旅行業を手がけるホワイト・ベア―ファミリーは民事再生法の適用を申請したことによる旅行申込者への影響はなく事業を継続する。また、WBFリゾート沖縄株式会社(沖縄及び九州におけるホテル運営業)、その他の関係会社は、法的手続はとっておらず、これまで通り、通常の営業を続けるとしている。

なお、星野リゾートがホワイト・ベアーファミリー、WBFホテル&リゾーツ、WBFホールディングスのスポンサーとして支援を表明しているという。

情報提供元:Airstair
記事名:「【速報】旅行会社のホワイト・ベアーファミリーが民事再生法の適用申請、負債総額351億円超で今年最大