JTBとFun Japan Communications、FIXERは、仮想空間上のバーチャルな日本で、様々なコンテンツを楽しみながら交流を深めることができる「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業を開始する。

JTBグループで日本紹介メディア「FUN!JAPAN」を運営するFun Japan Communicationsが事業を担い、4月末から段階的にアジア地域の125万人のメディア会員を対象に、ユーザー登録を開始する。外国人旅行者によるインバウンド消費を、オンライン上で回復させるとともに、日本人も楽しめるサービスも拡充し、バーチャル空間での交流や体験をきっかけに、コロナ収束後のリアルな訪問を創出する。すでに、東京の丸の内や北海道エリアなどのバーチャルな空間を構築している。

このプラットフォームを通じ、仮想空間上の日本を巡る交流・商流・情報流を生み出し、人流が制限されるなかでも地域との持続的な関係性を維持するとともに、コロナ後の新しいリアルな人流を喚起するとともに、観光産業の回復と地域活性化を図っていくといい、バーチャル交流人口は、2030年に政府が目標としている、訪日外国人旅行者数6,000万人を上回ることを想定している。まずは2024年までに、1,000万人のアクティブな交流人口の創出を目標とする。

情報提供元 : Traicy
記事名:「 JTBやFIXER、仮想空間で日本観光を楽しめるバーチャルプラットフォーム構築